空室率30%超!アパート経営は大丈夫?やめるべき?

空室率の上昇とアパート経営のリスク・今後のアパート経営のポイント

相続対策や年金対策としてアパート経営が増えています。

しかし、その反面、首都圏のアパートの空室率が30%を超えたという記事もあり、リスクもあります。

そこで、アパート経営のメリットと今後の変化について考えてみました。

これから不動産投資を検討している人は、記事を読んで参考にしてみてください。

続きを読む

裁判で無効となってしまった自筆証書遺言の3つの事例

自筆証書遺言が無効となった裁判事例

自筆証書遺言のメリットは、手軽に安価で作成でき、誰にも知られずに作成できる点です。

しかしその反面、書き方のルールが厳しく、それを誤ると無効になってしまいます。

そこで、裁判で実際に無効になってしまった自筆証書遺言の例を紹介します。

続きを読む

妻を受取人にした1億円の生命保険金の相続税の計算

1億円の生命保険金を受け取った妻の相続税

相続税の計算では、非課税となるものがあり、そのひとつが生命保険契約の『死亡保険金』です。 旦那さんが奥さんのために、1億円の生命保険契約を結んだとします。 たとえば、子どもが2人いると、相続税の計算では次のようになります。

続きを読む

30個の採択事例から見るシニアのための補助金申請

補助金の採択事例から見えるシニアビジネス

シニア起業がジワジワ増えています。

背景には平均寿命の高齢化により定年後の時間が増えたことや、
年金制度への不信感から自分の収入を増やしたい人が増えたことが一つあります。

そんなシニアビジネスの資金繰りの助けとなるのが『補助金』です。

その補助金の中でも使いやすいのが『小規模事業者持続化補助金』です。

そこで、2016年に採択された補助金の採択事例40個から見えてくるシニア向けビジネスのトレンドをまとめました。

続きを読む

『一戸建てvsマンション』相続で見るとどっちが有利?

一戸建てとマンションの有利不利

マンションと一戸建て。自宅を購入する人にとって、最初に悩む選択肢ではないでしょうか。
そんな選択肢のうち、『相続』から見ると、一戸建てとマンションでどちらが有利となるのでしょうか??
『評価額』 『特例』 『遺産分割』の3つのポイントでまとめてみました。

続きを読む

1回の生前贈与で所得税と相続税が2つが節税できる相続対策

賃貸物件の生前贈与

相続税対策の方法の一つとして、生前贈与という方法があります。

相続財産を生前に贈与することで、相続税を減らす効果があります。

しかし不動産収入がある人に限り、相続税と所得税の両方を節税できる方法があります。

そこで、地主や資産家のために、所得税と相続税の両方の節税ができる生前贈与を紹介します。

続きを読む

一生に1回の相続税の申告で還付されるケースとは?

相続税の還付

被相続人としての相続税は、基本的に1人につき1回が限度です。(相続人としては回数に制限はありませんが)

相続財産の合計が基礎控除額より少なければ、相続税の申告自体必要ありません。

しかし、その相続税の申告で還付となる場合もあります。相続税をこれまで払っていなかったのに還付されるのは不思議かもしれませんが、相続税の計算では還付される場合がしっかりとあります。

そこで、どんなときに相続税の還付があるかを紹介します。

続きを読む