改正│平成27年より相続税の基礎控除が4割削減されます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

書店では、相続税に関する本が増え、相続関連のセミナーは盛況です。

その理由は、相続税法の改正により、相続税がより身近になったためです。

具体的には、平成27年1月から申告が必要かどうかの判定基準となる基礎控除額が4割削減されました。

あまりピンとこない人もいるかもしれませんが、この記事を読むことで、基本的なことは理解できるはずです。

そこで今回は、遺産から控除できる相続税の基礎控除額についてまとめました。

基礎控除額

被相続人の財産から控除できる金額です。

控除額は法定相続人の数によって変動しますが、誰でも控除を受けることができます。

【改正前】 5,000万円+1,000万円✕法定相続人の数

【改正後】 3,000万円+600万円✕法定相続人の数

相続税の申告が必要となる条件

相続税では、亡くなった人の財産合計が基礎控除額を超えると、相続税の申告が必要となります。

改正前は、法定相続人が妻と子2人のケースだと、基礎控除額が8,000万円だったため、富裕層を除けば、ほとんどの家庭では、相続税の申告が不要でした。

しかし、改正後は同じケースの基礎控除額が4,800万円となります。

都心から少し離れたベットタウンでも、戸建の不動産を持っている場合は、申告が必要な可能性もあります。

不動産の相続税評価額を知りたい場合

土地の相続税評価額

土地の相続税評価は、複雑なため簡単には出せません。

ただし、おおまかな金額で良ければ、自分でも計算できます。

国税庁では毎年7月に1㎡当たりの路線価を発表します。この路線価に評価したい土地の地積を乗じることで、おおまかな金額は計算できます。

「路線価図」

引用│国税庁ホームページ

家屋の相続税評価額

家屋の相続税評価額は、固定資産税評価額を使います。

毎年の固定資産税の納付書が郵送されてきますが、その中に計算明細として固定資産税評価額も記載されています。

基礎控除額以下でも申告が必要な場合

先ほど、財産の合計が基礎控除額より低い場合は申告不要と書きましたが、例外があります。

相続税では、相続税法の計算特例を使う場合は申告が必要になるケースがあります。

具体的には、次の2つの特例を使うと、基礎控除額より低い場合でも相続税の申告が必要です。

小規模宅地等の特例

住宅用の土地や事業用の土地は相続人の生活基盤であるため、評価額が減額できます。

減額金額は、土地の評価額に対して最大で8割削減できます。

配偶者に対する相続税額の軽減

配偶者は被相続人の財産形成に貢献したという理由で、法定相続分と1億6千万円の大きい相続財産まで、相続税を課税しない特例

まとめ

今後、相続税の申告件数が多くなることが予想されます。

自分の相続税が不安な人は、まずは、相続人の確認して基礎控除額を出してみましょう。

そして、自分の相続財産を評価してみることで、相続税の申告が必要かわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね