相続税の申告書で増える税理士のセカンドオピニオン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
OTC薬控除

最近注目されいる言葉で税理士のセカンドオピニオンを知っているでしょうか。

医者のセカンドオピニオンは知っていると思いますが、税理士のセカンドオピニオンも同じ意味です。

税理士が作った申告書について、別の税理士に求める意見のことです。

税金には法人税や所得税などいろいろありますが、相続税の申告書のセカンドオピニオンが多くなっています。

そこで、相続税の申告書に対する税理士のセカンドオピニオンについてまとめてみました。

税理士のセカンドオピニオンについて相続税の申告書が多い理由

いろいろな税金がある中で、相続税にセカンドオピニオンが多い理由は、税理士によって税額が変わりやすいからです。

税金は法律に従って計算しているのに税額が変わるのは変だと思うかもしれませんが、次のような理由があります。

相続税の財産評価は税理士によって変わる

相続税の財産評価の方法は法律によって決まっていますが、法律通りの財産も少ないのです。

その典型が土地の評価で、土地の形や周辺地域の状況は千差万別です。

それを評価額にどこまで反映させるかは税理士によって変わってきます。

相続税が課税される財産の範囲はどこまでか

相続税が課税される財産は、亡くなった被相続人の財産です。

しかし、名義上は子どもや配偶者でも、その中身は亡くなった被相続人の財産もあります。これを名義財産といいます。

[関連記事]

『マイナンバーが銀行の預金口座と紐付けされた場合の相続税の名義預金』

相続税の一日速習セミナー

この名義財産を相続税の申告書にどこまで計上するかは、税理士でも難しいところです。

相続税申告書の更正の請求が業務

税理士の中には、相続税申告書の更正の請求を業務とする人もいます。

更正の請求とは、一旦提出した申告書について一定の期間内に限り再提出することをいいます。
その後、税務署に請求が認められると納め過ぎた税金が還付されます。

相続税の更正の請求を業務とする人がいることが、税理士のセカンドオピニオンが増えた背景のひとつです。

税理士のセカンドオピニオンの方法と費用

税理士のセカンドオピニオンを頼む場合は、どういう方法があるのでしょうか。

最近では、相続税の申告書を見直すことを宣伝しているため、ネットで探すこともできます。

また、費用に関しては、目安はありませんが、申告書の作成手数料と還付される金額で変わってくると思います。

税理士のセカンドオピニオンを検討する場合は、セカンドオピニオンによる節税効果と税理士への報酬額を比べる必要があります。

節税効果よりも税理士報酬が高くついては意味がありませんから。

まとめ

相続税の納税額は、資産家にとっては多額になるため少しでも少ないに越したことはありません。

相続税の申告期限は亡くなってから10ヶ月以内と短いですが、期限に余裕があるなら税理士のセカンドオピニオンを頼るのも一つの手段です。

ただし、後出しジャンケンのように、相続税の更正の請求をするのは、いかがなものでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね