連帯保証人の父の保証債務は相続財産から債務控除できますか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【質問】

先日亡くなった父は叔父の事業用の借入金の連帯保証人になっていました。

相続税を計算する場合、相続財産から借入金などの債務を控除できるそうですが、保証債務も控除していいのでしょうか。

なお、伯父さんの事業の状況を詳しく知りません。

【回答】

お父さんの保証債務は原則、相続財産から控除できません。

ただし、伯父さんが借入金を返済できない場合に限り、保証部分の借入金を控除することができます。

伯父さんの事業の状況を確認してみましょう。

[参考ページ]

「保証債務の債務控除」

引用│国税庁ホームページ

保証債務は原則、債務控除できない

保証債務は、本来の債務者が弁済不能となった場合に、保証人に返済する義務が生じるため、

相続開始の時点で本来の債務者が弁済可能であれば債務控除の対象となりません。

保証債務が債務控除できる場合

保証債務は原則債務控除できませんが、一定の条件を満たすと控除できます。

保証人が債務を弁済することとなった場合かつ、本来の債務者に支払能力がない場合です。

債務者に支払い能力があるにも関わらず、保証人が債務を弁済しても債務控除はできません。

まとめ

保証債務は相続開始の時点での状況で債務控除できなかったり、できたりします。

それよりもまず、安易に借入金の連帯保証ににならないようにしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね