誰でもできる相続人判定シートで相続人と相続分をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
相続人

誰かが亡くなると、誰かが相続人となります。

しかし、具体的に誰が相続人になるのか知っているでしょうか?

相続税の計算では、相続人になるためのルールがあり、相続人の人数によって相続税の金額が大きく変わります。

そこで、相続人の判定方法を分かりやすく紹介します。

また、相続人の判定シートを使って現時点の相続人を判定してみましょう。

なお、相続人は、誰かが生まれたり、亡くなると変動するので注意しましょう。

相続人になるには順位が高い人から

相続人になるには、亡くなった人の立場から見た順位のうち、高い人から相続人になります。

ただし、配偶者には順位がなく、順位が高い相続人とともに、常に相続人になります。

  • 配偶者:常に相続人
  • 第一順位:子(子が亡くなっている場合は孫、孫が亡くなっている場合はひ孫)
  • 第二順位:直系尊属(父母がともに亡くなっている場合は祖父母)
    第一順位の子がいない場合は、第二順位の直系尊属が相続人になります。
  • 第三順位:兄弟姉妹(兄弟姉妹が亡くなっている場合は甥、姪)
    第1位順位の子と第二順位の直系尊属がいない場合は、第三順位の兄弟姉妹が相続人になります。

相続欠格と廃除

相続人に該当していても、被相続人を殺すなど相続欠格のケースに該当すると、相続人の地位を失います。

また、被相続人を虐待していたケースでは、相続人の申立や遺言書によって、相続人の地位を排除されることがあります。※廃除の判断は裁判所が行います。

なお、相続欠格と廃除は、代襲相続(下記参照)の原因となるため、欠格または排除された者に子(孫)に相続の権利が移ります。

相続人がいない場合

相続人がいない場合は、相続財産は一旦、家庭裁判所が選任した相続財産管理人によって管理されます。

その後、亡くなった人を生前に世話した人など(特別縁故者)の請求があれば、財産を分与します。

それでも残った財産は国に納められます。

[参考ページ]

「特別縁故者に対する相続財産分与」

引用│家庭裁判所ホームページ

法定相続分は相続人の順位で違う

相続税の計算で使う法定相続分は、相続人の順位が高いほど多くなります。

パターン別の法定相続分は次のとおりです。

法定相続分

相続人が亡くなっている場合の代襲相続

相続人に該当する子が既に亡くなっている場合は、孫が代わりに相続人になります。これを「代襲相続」といいます。

さらに、その孫が既に亡くなっている場合はひ孫が相続人になります。

相続人に該当する兄弟姉妹が既に亡くなっている場合は、甥または姪が代襲して相続人になります。

ただし、甥や姪が亡くなっていても、甥や姪の子は相続権を代襲しません。

非嫡出子と嫡出子の相続分は同じ

非嫡出子とは、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子どものことをいいます。

平成25年の民法の改正前は、非嫡出子の相続分は、嫡出子の半分となっていました。

しかし、改正の結果、相続税の計算でも非嫡出子と嫡出子の法定相続分は同じになりました。

[参考ページ]

「嫡出子と非嫡出子の取扱い」

引用│国税庁ホームページ

相続人の判定シート

相続人についてのお分かりいただけたでしょうか。

そこで、相続人の判定シートを使って、自分の相続人を判定してみましょう。

法定相続人の判定シート

  • ステップ①から進めていきましょう
  • 名前を入れて相続人を確認しましょう
  • 代襲相続人がいる場合は、代襲相続人の名前を入れましょう
  • この判定シートによるいかなる損失は負えません。そのため、相続税の申告には、専門家に相談しましょう。

まとめ

相続税の計算で必ず必要になる相続人の判定について紹介しました。

相続税の判定シートもあるので、現時点の相続人を判定してみましょう。

もし、この判定結果で、兄弟姉妹が法定相続人になったり、相続人がいない場合は、遺言書を書くか検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね