相続でお世話になる士業一覧│弁護士?司法書士?税理士?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続ではさまざまな手続きが必要になってきます。

費用を考えると自分で出来る手続きは自分で進めたほうが良いと思いますが、自分では解決できない場合や、相続人が高齢で手続きをするのに時間がかかってしまう場合は、専門家にお願いした方がいい場合もあります。

しかし、士業にはそれぞれ専門分野があり、誰に何を頼んでいいのかわかりません。

そこで、相続でお世話になる士業の専門分野をまとめました。

また、士業を探す際の便利な士業関連サイト一覧もまとめました。

士業の専門分野│相続のこんなケースではこの士業

税理士→相続税の申告書を作成

相続税の申告書を作成する専門家は、税理士です。

相続税の申告が必要な場合は、相続財産が相続税の基礎控除額を超える場合です。

この判定をしたい場合は、国税庁のホームページの特設ページでできます。

 

国税庁の相続税の申告要否判定シート入力方法の解説は、「誰でも簡単に相続税の判定ができる簡易シートの入力手順」をチェックしましょう。

司法書士→分割協議書の作成・相続登記の申請

司法書士は、分割協議書や遺言書を作成したり、これらの書類をもとに不動産の名義変更登記を専門とします。

また、相続放棄をしたい場合に家庭裁判所への申請をお願いすることができます。

書類には、一定のルールがあるため、誤りがあると相続登記や相続放棄が滞る可能性があります。

弁護士→遺産分割協議がまとまらない

弁護士は、争いごとを解決する専門家です。

遺産分割協議がまとまらないと相続税の申告も相続手続きも進まないため、弁護士の仲介のもと遺産分割をまとめます。

なお、分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所の遺産分割調停も可能ですが、まとまらない場合は裁判官が審判を下すことになります。

行政書士→書類作成をお願いしたい場合

行政書士は、書類作成の専門家です。遺産分割協議書の作成や、各金融機関への提出書類を作成します。

司法書士と行政書士はどちらも書類作成の専門家ですが、司法書士のほうが業務の幅広くなっています。

各士業を探したい場合は、士業関連サイト一覧

相続手続きでは、ワンストップですべてお願いできる事務所もありますが、その分費用が高くなります。

相続手続きの中には、自分で出来ることも多いため、インターネットで調べながら手続きすることも可能です。

今は、インターネットで何でも検索できる時代なので、費用を抑えたい人や、自分で手続きしたい人はチャレンジしましょう。

なお、士業を探したい場合は、次のリンクから士業関連サイトをチェックしましょう。

まとめたのは士業の業界団体のサイトです。そこから相談や士業の紹介を受けられます。

[サイト一覧]

士業サイト一覧

相続税の一日速習セミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね