必見!!相続税の財産評価に便利なサイトまとめ5プラス1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続税の計算には、いろいろな資料が必要になります。

その資料を探す方法として、以前は行政機関に行って資料のコピーをもらっていました。

もちろん今も資料収集へ行政機関に行くことも必要ですが、インターネットで取得できるものも多くなりました。

そこで、相続税の財産表をする際に、便利なサイトをまとめてみました。

なお、2015年12月時点のサイトです。リンク切れを見つけたら更新する予定です。

その1.国税庁

まずは、誰もが知る税金の中心サイト。ここで確認できないことはないというほどのサイトです。

あまりに膨大な情報量なので、相続税の計算に使えるページを一部紹介します。

住所地から路線価を探せる路線価図

http://www.rosenka.nta.go.jp/

キャプチャ 路線価図

住所表示が分かれば、全国の路線価、倍率、借地権割合を確認できるページ

過去5年分の路線価を確認できるため、更正の請求でも使えます。

毎年7月1日に国税庁から発表されます。

相続税の申告要否判定コーナー

簡易バージョン https://www.nta.go.jp/souzoku-tokushu/souzoku-aramashi.htm
本格バージョン https://www.keisan.nta.go.jp/sozoku/yohihantei/top#bsctrl

[関連記事]※入力方法を紹介した記事

「簡単に相続税のシミュレーションができる国税庁の計算シート」

「誰でも簡単に相続税の判定ができる簡易シートの入力手順」

相続税の一日速習セミナー

相続税の申告要否判定シート

相続税の申告が必要か判定する特設ページです。

本格バージョンと簡易バージョンの2タイプあります。まずは簡易バージョンから試してみましょう。

その2.登記情報提供サービス

http://www1.touki.or.jp/

不動産の登記情報をオンラインで取得できるホームページです。

利用者IDを取得すると、クレジット決済で利用できます。

取得できる資料の種類は次のとおりです。

  • 不動産登記情報(全部事項、所有者事項)
  • 地図情報(公図など)
  • 図面情報(測量図など)
  • 商業・法人の登記情報
  • 動産譲渡登記事項概要ファイル情報及び債権譲渡登記事項概要ファイル情報

おまけ.グーグルマップ

https://www.google.co.jp/maps/

不動産の評価には、現地へ行くことが重要だと言われていますが、遠い場合は行けないこともあります。

そこで、現地へ行く前に、とりあえずグーグルマップで確認することができます。

ストリートビューのペグマンを使えば、周辺の情報なども分かったりします。

その3.ヤフー・ファイナンス

http://finance.yahoo.co.jp/

上場株式の株価を検索できるサイト

検索窓に銘柄を入力することで、その日の株価だけでなく、過去の株価も検索できます。

その4.東京証券取引所│月間相場表

http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/price/index.html

上場株式の相続税評価額は、亡くなった日の株価と亡くなった月以前3ヶ月間の平均株価のうち、最も低い株価で評価します。

月ごとの平均株価を検索するのに便利なのが、東京証券取引所の「月間相場表」です。

証券コードと該当月から検索することができます。

その5.田中貴金属工業│金価格推移

http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/d-gold.php

金の相続税評価に使う金相場を検索できるサイトです。

なお、金だけでなく、プラチナと銀の相場も検索できます。

まとめ

相続税の財産評価に便利なサイトを6つ紹介しました。

国税庁のホームページを見ると、相続税の申告書も所得税の確定申告書のように、税理士に頼らず自分で作成して欲しいという意志を感じます。

10年後に税理士の仕事はなくなると言われていますが、実際はもう既に始まっているのかもしれません。

この他にも、便利なサイトがあったら教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね