リバースモーゲージを活用して、親と子供が両方が得する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

リバースモーゲージという制度を知っているでしょうか。

リバースモーゲージとは、自宅を担保に融資を受けますが、原則返済の必要はなく、亡くなった後に担保となった自宅を売却することで借入金を返済するものです。

親世代にとって老後の資金づくりは大きな問題ですが、子供世代にとっても住まない実家の処分は大きな問題になります。それを解決する方法のひとつがリバースモーゲージです。

ただし、一定のリスクがあることも注意しないければなりません。

そこで、リバースモーゲージについて紹介と大手銀行のリバースモーゲージについてまとめました。

リバースモーゲージとは、返済不要の借入金

リバースモーゲージとは、自宅を担保にして老後の資金を借りるローン商品です。

原則返済がなく、亡くなった後に担保にした自宅を売却し、その代金で返済するという仕組みです。

利息は返済する必要がありますが、なかには、利息も元本に組み入れるものがあるため、全く返済がない商品もあります。

リバースモーゲージの利用例

リバースモーゲージを利用する例として次のようなものが考えられます。

実家を相続する人がいない場合

相続人が実家から独立した家庭を築いている場合、親が亡くなった時に実家を相続する人がいません。

誰も住まない実家を相続することで、毎年の管理費用や固定資産税などの問題が生じます。

[関連記事]

「〈空き家バンク〉と〈実家の見回りサービス〉のまとめ」

相続税の一日速習セミナー

そのため、実家を相続する人がいないケースでは、実家を片付けるという意味で、リバースモーゲージが活用できます。

老後の資金づくり

老後の資金として手持ちの預金が少ない場合に、リバースモーゲージが活用できます。

老人ホームへの入居にまとまった資金が必要な場合でも活用できる可能性がります。

リバースモーゲージのリスク

金利上昇リスク

リバースモーゲージはローン商品のため金利について確認しておくことが必要です。

金利が上昇することで、当初の計画通りに行かない可能性があります。

地価下落リスク

リバースモーゲージは実家を担保にして借入金をします。

地価が下落することで、借入金に対する担保が不足する可能性が考えられます。

配偶者がいる場合

実家に住んでいるのが、一人の場合は亡くなった後の実家の処分について考える必要はありませんが、

配偶者がいる場合は、配偶者の生活拠点を考える必要があります。

そもそも売却という手段もあり

リバースモーゲージはローンという借入をして資金を得る方法です。

しかし、売却しても資金は得られるため、比較と検討が必要になります。

老後も実家に住み続ける場合は、リバースモーゲージは有効な手段になりますが、終身利用型の老人ホームへ入居する場合や、駅に近いマンションへ引っ越す場合は、自宅が不要になるため売却も検討しなければなりません。

相続税の計算

リバースモーゲージの場合の相続税の計算では、実家は、路線価や固定資産税評価額で評価することにになります。

借入金は、亡くなった時点の残高で評価することになります。

銀行のリバースモーゲージの商品まとめ

三菱東京UFJ銀行

紹介文:快適なセカンドライフを過ごすための、ご自宅を担保としたローンです。

URL:http://www.bk.mufg.jp/info/20140225_reverse.html

三井住友銀行

紹介文:三井住友銀行のリバースモーゲージは、お客さまの大切な「持ち家」の資産を活かしてセカンドライフをサポートするローンです。お客様の個々のニーズに合わせてご利用いただけます。

URL:http://www.smbc.co.jp/kojin/reverse-mortgage/

みずほ銀行

紹介文:お客さまがご自宅に住み続けながら、必要に応じて都度お借り入れいただけます。

URL:http://www.mizuhobank.co.jp/loan/reverse_mortgage/index.html

三井住友信託銀行

紹介文:「リバースモーゲージ」は、豊かなセカンドライフをサポートするためのローンです。ご自宅を担保に、年金のように毎年一定額を受け取れる方法のほか、設定した一定の枠内で随時受け取れる方法(枠内引出自由型)もご用意しています。

URL:http://www.smtb.jp/personal/loan/reverse/mortgage.html

まとめ

リバースモーゲージについての解説と各銀行の商品をまとめました。

実家の処分と老後の資金づくりとして活用できるリバースモーゲージですが、一定のリスクもあることに注意しましょう。

また、生前に実家を処分し、その売却資金を活用することも同じため、どちらが適しているかの検討も必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね