タンス預金や名義預金に相続税を課税させない3つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続税の税務調査で最も問題になりやすいのは何でしょうか?

実はタンス預金名義預金です。

理由は簡単で、誰のものかはっきりしていないためです。

所有者が分かりませんし、聞くべき相手は既に亡くなっているため、死人に口なしです。

そのため、相続人と税務署との意見の食い違いが生じてしまいます。

そこで、タンス預金や名義預金に相続税を課税されないためのポイントを3つ紹介します。

この記事を読むことで、現在のタンス預金や名義預金の管理方法の見直しに繋がります。

タンス預金、名義預金とは

そもそも、タンス預金や名義預金について理解しているでしょうか。

タンス預金とは、その名の通り、タンスの中にかぎらず家の中にある現金のことを指します。

銀行口座ではなく、タンスに預金するという所から名付けられています。

名義預金とは、自分の名義ではなく、配偶者や子供名義の預金口座に自分の預金を預けることを指します。

小さい子供のために預金を積み立てるケースなど、悪意がなくても名義預金となってしまうのが恐いところです。

相続税の税務調査で問題になる理由

タンス預金や名義預金が、相続税の税務調査で問題になる理由は、次の3つのポイントがあります。

管理者が分からない

相続税の課税は、名義ではなく、実質で判断します。

そのため、タンス預金や名義預金は、管理者がはっきりしていないために、問題になります。

税務調査で、調査官が印鑑や通帳の管理者が確認したら、名義預金を疑っている可能性があります。

証拠がない

タンス預金や名義預金は、相続人が自分のものだと主張しても、資金源を答えられなかったり、贈与を受けた証拠がないと、主張が弱くなります。

回答できる人が亡くなっている

本来、タンス預金や名義預金について反論すべき人が、既に亡くなっているために、相続人と税務署の主張の食い違いが生じます。

タンス預金や名義預金と疑われないための方法

その1.通帳と印鑑の管理は自分でする

名義預金は、実質的な所有者が問題になるため、預金の名義人が通帳と印鑑を管理するようにしましょう。

子供のために小さい頃から積み立てた預金は、子供が社会人になったら管理を任せてみるのも、一つの方法です。

その際、贈与税が発生する場合は、申告が必要になります。

その2.贈与契約書を作成して残す

名義預金を疑われないためには、贈与契約書を作成して残しておくことです。

注意したいのが、毎年作成することと、お互いに確認して自署押印することです。

契約書を毎年作成するのは、連年贈与の問題を避けるためです。

また、自署押印するのは、贈与契約書の偽造防止やお互いが贈与を確認している証拠を残すためです。

また、贈与税の申告が必要な場合は、贈与税の申告書の控えを保管しておくことも重要です。

[関連記事]

「相続対策にならない名義預金と連年贈与の6の注意ポイント」

相続税の一日速習セミナー

その4.タンス預金はその資金源をはっきりさせておく

タンス預金は、相続人の所有を主張するために、その資金源をはっきりしておきましょう。

  • 贈与でもらった場合は、贈与契約書を残しておく
  • 相続した場合は、遺産分割協議書や相続税申告書を残しておく
  • 自分で働いてためた場合は、働いていた事実を残しておく

書類を保存していない場合は、相続税の税務調査の際に主張できるように、理論武装しておきましょう。

まとめ:もしタンス預金・名義預金に該当しているなら

上記の記事を読み、今タンス預金や名義預金に該当している場合は、慌てずに対応しましょう。

そして早めに、タンス預金や名義預金と疑われないような対策をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産の共有持分を贈与で解決します

~不動産の共有を亡くなるまでに解消したい方へ~

 

親族内での不動産の共有を、亡くなるまでに何とかしたいと思っていませんか?

共有持分のまま、次の世代に遺すことは、新たな問題を生むことになります。

もし本気で、共有持分の問題を解決した方は、下記ボタンから詳細ページをご覧ください。

共有持分解消の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね