相続税の計算┃上場株式の評価方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続税の計算では、東京証券取引所など証券市場で売買されている株式を上場株式といいます。

上場株式の評価は、株価が日々変動するため、急な株価の変動に左右されないために、4つの株価から1つを採用して評価します。

[参考ページ]

株式及び出資の評価

財産評価基本通達┃国税庁ホームページ

上場株式の相続税評価額

上場株式の相続税評価額は、次の4つの株価のうち、最も低い株価と所有していた株数で評価します。

  1. 相続開始時点(亡くなった日)の株価(終値)
  2. 亡くなった月の毎日の最終価格の平均額
  3. 亡くなった月の前月の毎日の最終価格の平均額
  4. 亡くなった月の前々月の毎日の最終価格の平均額

なお、過去の株価を調べる方法は、ヤフー・ファイナンスの時系列データで調べることができます。

また、平均株価を調べる方法は、各証券市場の月間相場表から調べることができます。

[参考ページ]

ヤフー・ファイナンス

東京証券取引所┃月間相場表

名古屋証券取引所┃月間相場表

札幌証券取引所┃月間相場表

福岡証券取引所┃月間相場表

亡くなった日に証券市場が開いていない場合

亡くなった日に、証券市場が開いていない場合は、株価がありません。

そのような場合は、亡くなった日の前後で最も近い日の株価を採用します。

ただし、権利落ちがある場合は、採用できない場合もあるため注意が必要となります。
※財産評価基本通達171

[イメージ図]

16日に亡くなった場合、12日の株価ではなく、最も近い18日の株価が採用される。

上場株式の評価┃株価がない場合

引用│国税庁ホームページ

権利落ちの日また配当落ちがある場合

亡くなった日が、株式を発行した会社の権利確定日と近い場合は、株価が大きく変動するため、株価を調整する必要があります。 ※財産評価基本通達172

このため、上場株式の評価をする場合は、会社が公表する”決算短信”で権利確定日などをチェックします。

[決算短信サンプル]

決算短信サンプル

引用┃㈱東芝 平成27年3月期

相続財産の評価明細書のダウンロード

相続税の財産評価をするためのエクセルシートを、下記のページでダウンロードできます。

自分で財産評価をしたい方は、ダウンロードしてみてください。

エクセルなので、簡単な入力で評価明細書が完成します。

[参考ページ]

上場株式等の評価明細書

引用┃DLmarket

まとめ:上場株式の評価は資料探しがポイント

相続税を計算する場合の、上場株式の評価方法を紹介しました。

資料さえ揃ってしまえば、評価方法はシンプルです。

ただし、権利落ちや配当落ち、合併などがある場合は、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産の共有持分を贈与で解決します

~不動産の共有を亡くなるまでに解消したい方へ~

 

親族内での不動産の共有を、亡くなるまでに何とかしたいと思っていませんか?

共有持分のまま、次の世代に遺すことは、新たな問題を生むことになります。

もし本気で、共有持分の問題を解決した方は、下記ボタンから詳細ページをご覧ください。

共有持分解消の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね