1億円必要?65歳から始める老後の資金シミュレーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

50歳を超える頃から老後の生活をイメージするようになりませんか?

老後に必要になる資金と現在の貯蓄額を比べて、足りるのか不安になりませんか?

老後の資金は夫婦で1億円必要だという試算もあります。

しかし、老後に必要な資金は、家庭ごとに違って当然です。

生活水準の高い家庭と低い家庭を比べると、必要な老後の資金は大きく違ってきます。

そこで、老後の資金をシミュレーションすることで、必要な資金と、不足する資金を試算しましょう。

老後に必要な資金のシミュレーション

老後に必要な資金を試算する場合は、年金が支給される65歳から平均寿命の90歳までの25年間で試算します。

毎月の生活費については、夫婦二人でゆとりある生活を想定すると35万円と言われています。

しかしシミュレーションしたいのは、必要最低限の老後の資金です。

そこで、自分達の生活水準から必要最低限の毎月をの生活費を想定します。

仮に25万円とすると、老後の資金で必要な額は7,500万円(25万円✕12ヶ月✕25年)になります。

さらに、年齢が上がるのに比例して、生活水準が落ちることを考慮します。

仮に9割で試算してみると、6,750万円(7,500万円✕90%)が老後の最低限必要な資金になります。

今度は、自分達の生活水準で必要な生活費を入れて試算してみましょう。

老後の生活費をシミュレーションできるエクセルシート

老後の生活費と必要な資金をシミュレーションできるエクセルシートをダウロードできます。

興味のある人は、ダウンロードして自分の老後の生活を試算してみましょう。

[ダウンロード]

老後の資金シミュレーション(エクセルシート)

引用┃DL market

磯野家の老後の資金を勝手に計算してみた

老後の資金シミュレーションのエクセルシートを使って、国民的家族の磯野家でシミュレーションしてみました。

磯野波平に年金が支給される65歳から試算してみます。

※このシミュレーションは、仮定の計算のため、何の根拠もありません。予めご了承ください。

65歳時点の預貯金の残高

60歳で退職金を一括で受け取り、一旦定年退職し、その後、継続雇用制度を使って65歳まで働いたとします。

そう仮定すると、磯野波平の預貯金残高は6,000万円とします。

磯野フネは、あの落ち着いた佇まいから察して、良家のお嬢様だったと仮定し、親から相続した1,000万円の預貯金を持っていたとします。

すると、世帯の預貯金合計は7,000万円となります。

年金収入は夫婦で300万円。ただし波平が亡くなると・・・

波平はサラリーマンのため、国民年金の他に、厚生年金も加入していたと思われます。

そのため、フネにも年金が支給されると、夫婦で年間300万円の年金収入があると仮定します。

なお、カツオやワカメが18歳になる前に波平が亡くなると、フネに遺族年金(遺族厚生年金)が支給されるはずです。

カツオやワカメが18歳を超えてから波平が亡くなると、フネの年金支給額はガクッと減ることになります。

磯野家の年間支出はそれほど高くない

磯野家の生活は、アニメを見ていると慎ましやかな生活と分かります。

カツオやワカメが扶養親族となるため、税金や社会保険料も高くないでしょう。

世田谷区にかなり広い敷地の自宅を持っていますが、居住用のため、固定資産税の負担も少ないと思われます。

海外旅行はたまに行っているようですが、それ以外は金の掛かる趣味はなさそうです。

上記の勝手な想定をすると、磯野家の年間支出は570万円となります。内訳は次のとおりです。

  • 生活費(衣食住)・・・420万円(35万円✕12ヶ月)
  • 娯楽費(外食など)・・・30万円
  • 子ども関連(野球道具、塾など)・・・50万円
  • 税金・社会保険料・・・40万円
  • その他支出・・・30万円

磯野家の老後の資金は少し不足。でも大丈夫

上記の条件で計算すると、磯野家の老後25年間の資金は次の通りになります。

  • 老後の収入・・・7,600万円
  • 老後の支出・・・1億4,820万円
  • 老後の収支・・・△7,220万円

老後の収支は7,220万円の赤字になりますが、預貯金が7,000万円あるため、老後の資金で不足するのは220万円となります。

結果は赤字になってしまいましたが、磯野家にはフグ田家も同居しているため、金銭的に全然問題ないと思われます。

まとめ:不安がるよりも、まずは簡単にシミュレーションしてみよう

老後の必要な資金を、現在の生活費からシミュレーションする方法を紹介しました。

磯野家のシミュレーションは、正直条件が甘いため、正確な数字ではないと思います。

それでも、老後の資金のおおまかな金額は試算できます。

老後の生活をあれこれと悩むよりも、まずは簡単にでも試算してみるといいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね