遺産のほとんどが土地だと相続税を払えないという事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

遺産のほとんどが土地の場合は、相続税を払えない可能性があります。

なぜなら、相続税の納税方法は、現金一括納付が原則だからです。

そこで、相続税の納税方法と、遺産に占める土地の割合が多い場合の納税方法をまとめました。

相続税の3つの納税方法

相続税の納税方法には3種類あり、優先順位が決まっています。

一つ目は、冒頭のとおり、現金で一括に支払う方法で、最も優先順位が高くなります。

二つ目が、現金による分割払いで、相続税では延納といいます。

一括で支払えない部分を申請し、担保を提供することで認められます。

三つ目が、相続財産で納付する方法で、相続税では物納といいます。

分割払いでも納付できない場合に申請して認められる納税方法のため、最終手段となります。

[参考ページ]

相続税の延納

相続税の物納

引用┃国税庁ホームページ

延納や物納のデメリット

延納や物納でも構わないと思っている人もいるかもしれませんが、延納や物納にはデメリットがあります。

延納では、延納金額に対応する担保を提供しますし、延納金額に対して利子に相当する税金(利子税)が発生します。

利子税の率は、相続財産によって異なります。

物納では、物納する財産を自分では選べず、優先順位が決まっています。

また、金額も相続税の申告で計算した金額となるため、市場価格よりも低くなる可能性が高くなります。

遺産に占める土地の割合が多い場合

遺産に占める土地の割合が多い場合は、納税資金を準備しておくか、土地を売る準備をしておくことになります。

納税資金として現預金の準備しておくことで、遺産に占める土地の割合が低くすることができます。

または、相続発生から申告期限までの10ヶ月以内で、土地を売ることで納税資金を準備できます。

小規模宅地等の特例が使えない土地が多い人は注意

相続税の計算では、居住用の土地と事業用の土地は、評価額を最大8割減額できる特例があります。

この特例を使うことで、納税額をかなり下げることができます。

ただし、小規模宅地等の特例には限度面積や要件があるため、小規模宅地等の特例が使えない土地を所有している地主などは、納税資金が不足する可能性があります。

[関連記事]

実家の活用で、土地の評価額を8割下げる相続税の2つの改正

まとめ:まずは遺産に占める土地の割合を確認しよう

遺産に占める土地の割合によって相続税が払えない危険性がある理由を紹介しました。

相続税が払えないかどうかを知るためには、次の3つが必要になります。

  • 遺産総額を知ること
  • 遺産に占める土地の割合を知ること
  • 相続税の納税額を知ること

相続税の一日速習セミナーでは、これらの相続財産について、分かりやすく解説しいるため、誰でも簡単に確認できるようになります。

興味のある人は、ぜひ一度参加してみてください。

[参考ページ]

相続税の一日速習セミナーについて

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね