急増するデジタル遺産について見つけるためのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
デジタル遺産

デジタル遺産またはデジタル遺品という言葉を知っているだろうか?

高齢者もパソコンやタブレットを使いこなすようになったことで、パソコンの中やクラウド上にデータを遺したまま亡くなるケースが急増している。これらのデータをデジタル遺産(遺品)という。

相続人からすると、不動産や通帳と違い、現物がないため亡くなった人が何を所有していたか全くわからない。

そこで、相続人がデジタル遺産を発見する方法をまとめた。

相続人になる可能性がある人は、この記事を読んで、親などにアドバイスすると相続時に混乱しないかもしれない。

デジタル遺産の具体例

デジタル遺産には、大きく2つに大別される。

オンラインのデジタル遺産

一つは、インターネットを使うデジタル遺産で次のようなものがある。

  • FacebookやtwitterなどのSNSアカウント
  • ネットバンキング
  • 株式やFXなどのオンライン証券
  • ホームページやブログ
  • 有料サイトのアカウント

これらのデジタル遺産は、相続人が運用停止をするまで生きているため、対応が遅れると問題になることがある。(株式やFXなど)

オフラインのデジタル遺産

もう一つは、パソコンやタブレット内に保存されているデジタル遺産で、次のようなものがある。

  • プライベートな写真
  • メールの文章
  • メールアドレス
  • ダウンロードした映像や画像

これらのデジタル遺産は、亡くなった人も他人に見せないことを前提としているため、プライベートが丸裸にされることになる。

相続人も亡くなった人の知りたくない部分まで知る可能性がある。

デジタル遺産の見つけ方

デジタル遺産のほとんどは、デジタル機器に保存されているため、まずは、パソコン・タブレット・スマホを起動する。

さらに意外な所では、SDカード・USBスティック・外付けハードディスクにもデジタル遺産は残っている可能性がある。

パスワードはメモや記憶から探す

デジタル遺産を探すうえで、パスワードは一番の障害となる。

外部の業者に依頼するのも手段の一つだが、デジタル機器に何が入っているのか不安なため、相続人だけで解決したい場合もある。

そんなときは、亡くなった人の身の回りからパスワードのメモを探したり、亡くなった人と縁のある番号を思い出すのも手がかりになる。高齢者は意外とメモを残している人も多い。

ただし、パスワードの入力回数に制限がある場合は、ロックが掛かる前に入力をやめよう。外部に依頼する場合にロックの解除が必要になってしまう。

アプリ・お気に入り・フォルダから関連サイトを探す

デジタル機器を起動したら、そこからデジタル遺産を探さなければならない。

その際チェックするポイントには、次のようなものがある。

  • タブレット上のtwitterやFacebookのアプリ
  • インターネットのブラウザにあるお気に入りフォルダ
     ※インターネットエクスプローラーやChromeなど全てのブラウザをチェック
  • パソコン本体のフォルダ

デジカメのSDカードや外付けハードディスクも忘れずにチェックしなければならない。

[関連記事]

60代以上必見!SNSアカウントの3つの相続対策ポイント

通帳やクレジットカードの明細から探す

デジタル遺産のうち、オンライン証券やネットバンキングなど金銭の取り引きがあるものは、入金記録や出金記録が通帳やクレジットカードの明細からも発見できる可能性がある。

通帳記録や郵便物をチェックすることで、デジタル遺産が発見できる可能性がある。

高齢者は秘密を墓場まで持っていくこと

相続人の立場から、亡くなった人のデジタル遺産の探し方を紹介してきたが、高齢者のデジタル遺産への対応策としては、不要なデータとアカウントの整理となる。

高齢者は、秘密を墓場まで持っていく覚悟が必要となる。

相続人に見られてはまずい写真やメールを整理し、亡くなる前に削除しなければならない。

また、SNSやネットバンキング、オンライン証券のIDやアカウント、登録メールアドレスは、一覧にしてメモしておくと便利だ。

最近では、市販のエンディンノートにアカウントと登録メールアドレスを記入できるものもある。

ただし、パスワードは悪用される危険性があるため、メモしておくことはやめておこう。

まとめ:これからの相続はデジタル遺産も急増する

デジタル遺産の探し方と、対処法をまとめた。

これからもSNSやクラウドサービスは確実に増えていくため、遺産の調査も難しくなってくることが予想される。

高齢者は相続人の負担を軽減するためにも、デジタル遺産の整理を終活の一つに加えてはいかがだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

相続対策の基本をまとめた「おすすめ相続対策ebook」を無料進呈

相続税に対して不安を持っていませんか?

2016年から基礎控除が下がり、改正前から5割ほど申告する人が増えると予想されています。

しかし具体的な対策をしている人は多くありません。その理由は・・・・

  • ◆ 10年あるいはそれ以上先のことで、考える余裕が無い

  • ◆ 不安はあるけれど、何をしたらいいのか分からない

  • ◆ 生前贈与して、税務署から贈与税の指摘を受けたら怖い


それでも、いざ相続が発生し、税務署から「相続税のお尋ね」が郵送されると、多くの方が驚きます。

そうならないためにも、相続税の基本は知っておくべきです。

また、相続税は、亡くなるまでの期間が長いほど大きく税金を減らせるのが特徴です。

少しでも相続に興味のある方は、まず「相続税の基本」「最新の相続対策」を25ページでまとめた『相続対策ebook』を読んでみてください。

メールでお問合せ頂ければ、無料でPDFを進呈します。

是非、本書を読んで相続対策の第一ステップにしていただけたら幸いです。

無料│相続対策ebook

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね