よくある質問┃誰も相続人がいないと遺産は誰のもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
相続財産管理人

相続に関するよくある質問で、相続人がいない場合はどうなってしまうのか。というものがある。

身寄りがなく、かつ遺言書を残していない場合が、相続人がいないケースになる。

このようなケースでは、一般的な相続手続きは次のような流れになる。

相続人を探す

まず、一般的には、相続人を探さなければならない。

手続きとしては、利害関係者または検察官が家庭裁判所に『相続財産管理人』の選任を申し立てる。

[参考ページ]

相続財産管理人の選任

引用┃家庭裁判所

家庭裁判所は、相続財産管理人を選任し、官報に広告する。

遺産の精算手続き

官報に広告してから2ヶ月以内に相続人が申し出ない場合は、管財人が遺産の精算手続きをする。

そこで、債務の返済などが行われ、全て終わると、相続人・受遺者・債権者は相続の権利を失う。

特別縁故者の請求

亡くなった人の介護を長年続けてきた愛人などは特別縁故者と呼ばれる。

特別縁故者は、家庭裁判所に請求し、認められると、遺産の一部を分けてもらえる。

最後は国に帰属

特別縁故者に遺産の一部を渡しても残った遺産については、誰も相続する人がいなくなる。

そのため、最後は国庫に帰属されることになる。

まとめ:相続人がいないなら使うか遺言書

最近では、相続人がいない人(おひとりさまの相続)が増えている。

このような場合、相続人ではないけれど恩義を感じている人に遺産を残したい場合は、遺言書を残しておく必要がある。

遺産を残したい人がいない場合は、遺産を慈善団体に寄付したいと思う人もいると思うが、その場合もやはり遺言書が必要となる。

遺産を残したい人もいないし、寄付もしたくない人は、亡くなる前に使ってしまうのも一つの方法となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産の共有持分を贈与で解決します

~不動産の共有を亡くなるまでに解消したい方へ~

 

親族内での不動産の共有を、亡くなるまでに何とかしたいと思っていませんか?

共有持分のまま、次の世代に遺すことは、新たな問題を生むことになります。

もし本気で、共有持分の問題を解決した方は、下記ボタンから詳細ページをご覧ください。

共有持分解消の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね