定年後に再雇用されるシニア世代が円滑に働く3つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
シニア世代

定年延長や再雇用制度によって60歳で定年になったとしても、65歳まで働ける環境が増えてきました。

しかし、中には、再雇用されたシニア世代と現役世代との意識の違いにより、トラブルになるケースもあります。

そこで、再雇用されるシニア世代が、現役世代と上手く付き合いながら65歳まで働くことができる3つのコツをまとめました。

現役世代とシニア世代の意識の違い

トラブルの原因となるのは、それぞれの意識の違いから生まれます。

  • ガンガン働きたいシニア世代と、そこまで求めていない現役世代
  • 65歳まで穏便に働きたいシニア世代と、期待に応えてほしいと思う現役世代
  • 現役の意識で働くシニア世代と、出しゃばらないで欲しいと思う現役世代
  • 昔にのやり方を貫くシニア世代と、今のやり方に対応してほしい現役世代

シニア世代と現役世代で思いはそれぞれですが、意識の違いからトラブルは起きてしまいます。

コツ① 求められていることを確認する

定年延長や再雇用されたシニア世代は、現役の第一線から退くため、自分に求められていることを確認する必要があります。

たとえ、上司と部下の立場が逆転しても、基本的には現役世代を立てることで、円滑な関係を築くことができます。

現役世代の要求に応えながらも、出しゃばらないことがポイントです。

コツ② 給与をモチベーションにしない

定年延長や再雇用されるシニア世代は、現役の頃と比べて給与が下がります。

そのため、仕事に対する意欲が低下する可能性があります。

すると、現役世代とのトラブルになる可能性があります。

そこで、働くモチベーションを給与以外に見出すことがポイントです。

仕事にかぎらずプライベートでも、新しいことにチャレンジする事で、ストレスが軽減します。

コツ③ 現役世代の頃のプライドを捨てる

定年延長や再雇用されることは、第一線から退くこととなります。

そのため、求められる要求が、現役の頃と変化することを、理解することがポイントです。

指示する立場から、指示される立場に変わったとしても、決して怒らず、立場が変わったことを理解しなければなりません。

まとめ:シニア世代の労働力はこれからもっと必要とされる

定年延長や再雇用により生じる、シニア世代と現役世代のトラブルと、上手く付き合うコツをまとめました。

これから少子高齢化が進むと、労働人口はますます減少します。

そんなときに、シニア世代の労働力は必ず必要とされます。

そのため、現役世代とシニア世代が上手く付き合うことを、お互いに理解しなければなりません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産の共有持分を贈与で解決します

~不動産の共有を亡くなるまでに解消したい方へ~

 

親族内での不動産の共有を、亡くなるまでに何とかしたいと思っていませんか?

共有持分のまま、次の世代に遺すことは、新たな問題を生むことになります。

もし本気で、共有持分の問題を解決した方は、下記ボタンから詳細ページをご覧ください。

共有持分解消の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね