地番が分からなくても登記簿謄本を取得できる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
登記簿謄本

土地の評価をする場合に必ず必要となるのが不動産の登記簿謄本です。

法務局へ申請すると、郵送または窓口で取得できます。

しかし、申請する際に、地番が分からず取得できないこともあります。

そこで、土地の地番が分からない場合の対処方法についてまとめました。

地番と住居表示の違い

そもそも不動産の登記簿謄本に記載されている『地番』とは、普段使っている住所(『住居表示』)とは違います。

『地番』とは、土地の所在地を特定するためのもので、法務局が定めていて、住居表示と関係ありません。

『住居表示』は、郵便物等が届く住所のことで、『住居表示に関する法律』で定められています。

[表示例]

地番・・・123番

住居表示・・・◯◯一丁目2番3号

地番が分からない場合の登記簿謄本の申請方法

登記簿謄本を取得するには、法務局に申請します。

窓口で申請する場合もありますし、インターネットを使ってオンラインで取得することもできます。

受取方法も、窓口で取得する方法や、郵送で取得する方法があります。

 

どのような方法で取得する場合でも、申請書を記入する必要があり、その申請書には土地の地番を記入しなければなりません。

土地の所在地を特定するためには地番は必要不可欠なため、地番が分からないと、法務局で受け付けてもらえません。

そこで、そんなときは次の方法で対処します。

ブルーマップで調べる

ブルーマップとは、住居表示と地番が併記されている地図をいいます。

ゼンリンから発行されているため、オンラインで取得することができます。

[参考ページ]

ZENRIN Store

引用│ゼンリンホームページ

市区町村に問い合わせる

地番は、旧住居表示から決められました。

そして、その旧住所は、市区町村で調べることができます。

そのため、市区町村で旧住所を問い合わせることで、地番が調べることができます。

市区町村で対応が異なるため、問い合わせ方法は管轄の市区町村に確認しましょう。

[参考ページ]

地番と住居表示実施前の住所(旧住所)

引用│世田谷区

新旧住所対照表で調べる

法務局には、地番がわかない人のために、管轄地域の旧住所を記載した地図を設置しています。

取得する登記簿を管轄する法務局が近い場合は、この方法で調べることができます。

まとめ:自分に合った方法で地番を調べよう

登記簿謄本を取得したいけれど、地番が分からない場合の対処方法をまとめました。

近くの土地であれば、法務局で調べるのが簡単です。

しかし、場所が遠い場合や、たくさんある場合は、市区町村やブルーマップも活用すると捗ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産の共有持分を贈与で解決します

~不動産の共有を亡くなるまでに解消したい方へ~

 

親族内での不動産の共有を、亡くなるまでに何とかしたいと思っていませんか?

共有持分のまま、次の世代に遺すことは、新たな問題を生むことになります。

もし本気で、共有持分の問題を解決した方は、下記ボタンから詳細ページをご覧ください。

共有持分解消の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね