1分で分かるマンションの区分所有と不動産の共有持分の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
区分所有と共有持分

マンションの区分所有と不動産の共有持分の違いを知っているでしょうか。

似ているようで違う区分所有と共有持分は、相続税でも区分されています。

そこで、相続税の視点から見た『区分所有』と『共有持分』について紹介します。

どちも所有権という意味では同じ

共有持分とは、1個の所有権を共同して所有することをいいます。

親の住んでいた自宅の戸建てを兄弟で相続すると、その不動産は共有持分となります。

 

区分所有とは、マンションのように1棟の建物でも、その建物の中に独立した構造で区分された数個の独立した所有権がある場合の、その個々の所有権をいいます。

区分所有権の目的となっている建物の敷地である土地は、原則として土地と建物を別々に処分できないため、敷地利用権としてとしてのみ存在することになります。

分譲マンションを購入するということは、その土地の敷地利用権を購入するということになります。

 

不動産の評価額の計算

共有持分の目的となっている土地の評価は、その土地を1つものとして評価し、その評価額を共有者の持分割合で配分します。

決して、共有持分に従って土地を配分してから、別々に評価するわけではありません。

 

区分所有の目的となっている土地の評価は、マンションの建物ごとに土地全体を評価し、その評価額を敷地権割合を乗じて計算 します。

これも上記と同じように、先に敷地権割を乗じて、別々に土地を評価するわけではありません。

共有割合と敷地権割合を知る方法

共有割合や敷地権割合を確認するには、その土地の登記事項証明書(いわいる登記簿)を見れば分かります。

共有持分は、権利部(甲欄)に記載されています。

敷地権割合は、表題部の敷地権の表示欄に記載されています。

登記簿は、全国の不動産がデータ化されているため、土地の所在地を知っていれば、近くの法務局でどこの不動産の登記簿も取得できます。

[関連記事]

地番が分からなくても登記簿謄本を取得できる方法

なお、不動産の登記簿は所有者でなくても取得することができます。

まとめ:所有権の中身が違う『区分所有』と『共有持分』

マンションの区分所有と土地の共有持分の違いについて紹介しました。

どちらも所有権の一種で、相続税の計算では、割合を乗じる前に土地全体を評価するのは同じですが、その考え方は明確に分かれれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産の共有持分を贈与で解決します

~不動産の共有を亡くなるまでに解消したい方へ~

 

親族内での不動産の共有を、亡くなるまでに何とかしたいと思っていませんか?

共有持分のまま、次の世代に遺すことは、新たな問題を生むことになります。

もし本気で、共有持分の問題を解決した方は、下記ボタンから詳細ページをご覧ください。

共有持分解消の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね