妻を受取人にした1億円の生命保険金の相続税の計算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1億円の生命保険金を受け取った妻の相続税

相続税の計算では、非課税となるものがあり、そのひとつが生命保険契約の『死亡保険金』です。

旦那さんが奥さんのために、1億円の生命保険契約を結んだとします。

たとえば、子どもが2人いると、相続税の計算では次のようになります。

※この計算は2016年1月時点の相続税法に従っています。その後の改正に対応していない可能性もあるためご注意ください。

[参考ページ]

相続税の課税対象になる死亡保険金

引用│国税庁ホームページ

相続税の非課税が使える生命保険契約の条件

生命保険契約でも相続税の非課税が使えるものと、使えないものがあります。

非課税が使える契約は次の条件です。

  • 契約者:旦那さん(亡くなる人)
  • 被保険者:旦那さん
  • 保険料負担者:旦那さん(亡くなる人)
  • 受取人:妻(相続人)
  • 保険金の種類:死亡保険金

被保険者や保険料負担者が旦那さん以外の人だと、課税される税金が相続税ではなく、贈与税や所得税となる可能性があるため注意が必要です。

相続税の非課税

相続税の計算で、非課税となる死亡保険金の限度額は次のとおりです。

500万円×法定相続人の数

上記の例の場合、相続人は「妻」と「子ども2人」なので法定相続人の数は3人となり、非課税の限度額は1,500万円となります。

課税される金額

上記の例の場合、妻が受取人となって1億円の生命保険金を受け取った場合、非課税金額の1,500万円は控除されることになります。

そのため、相続税が課税されるのは8,500万円(1億円-1,500万円)となります。

まとめ:非課税金額は法定相続人の数で変動する

妻が1億円の生命保険金を受け取った場合の、相続税の計算をしました。

非課税となるのは、保険金を受け取っていない子ども2人を含めた3人で計算します。

このように、法定相続人の人数によって、非課税として控除できる金額が変動することがポイントなります。

是非、自分の加入している保険契約と、法定相続人の数から非課税金額を計算して、保険の見直しをしてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産の共有持分を贈与で解決します

~不動産の共有を亡くなるまでに解消したい方へ~

 

親族内での不動産の共有を、亡くなるまでに何とかしたいと思っていませんか?

共有持分のまま、次の世代に遺すことは、新たな問題を生むことになります。

もし本気で、共有持分の問題を解決した方は、下記ボタンから詳細ページをご覧ください。

共有持分解消の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

読んだらポチッとしてね