相続税の計算

実家の活用で、土地の評価額を8割下げる相続税の2つの改正

自宅の相続対策

親の相続を考えたときに、実家の処分について悩んでいませんか?

少子高齢化で核家族化が進んでいます。

若い世代の家族には、駅チカのタワーマンションが人気ですが、親世代は駅から離れた戸建てに住んでいるケースが多くなりました。

相続税の計算上、亡くなった人の財産のうち不動産は、大部分を占めるため実家の不動産は大きな問題になります。

この問題に対して、相続税で2つの改正がありました。

1.老人ホームへ入所して、空き家になった土地の評価減
2.完全分離型の二世帯住宅に対する土地の評価減

この2つの改正の活用方法を紹介します。

続きを読む

誰でもできる相続人判定シートで相続人と相続分をチェック

相続人

誰かが亡くなると、誰かが相続人となります。

しかし、具体的に誰が相続人になるのか知っているでしょうか?

相続税の計算では、相続人になるためのルールがあり、相続人の人数によって相続税の金額が大きく変わります。

そこで、相続人の判定方法を分かりやすく紹介します。

また、相続人の判定シートを使って現時点の相続人を判定してみましょう。

なお、相続人は、誰かが生まれたり、亡くなると変動するので注意しましょう。

続きを読む

相続対策としての不動産投資の4つのメリットとデメリット

最近の相続税の改正を受けて不動産投資セミナーが活況というニュースを見ました。

アパート・マンションなどを購入して人に貸すことで相続税対策をしようとするものです。

しかし、具体的にどのよう理由で相続対策になっているか分からない人もいるのではないでしょうか。

そこで、相続税対策としての不動産投資について紹介します。

続きを読む

簡単に相続税のシミュレーションができる国税庁の計算シート

相続税の申告要否の判定コーナー

自分の財産に対して、相続税が発生するか不安ではありませんか?

国税庁のホームページでは、オンラインで相続税の申告要否の判定ができます。

チェックシートは2種類あり、一つは簡易判定、もう一つはより細かく判定するものです。
今回は、より細かく相続財産を入力するタイプのチェックシートの解説です。

続きを読む

プロも使った社会福祉法人への寄付を使った相続税の節税方法

プロも使ったとタイトルに付しましたが、そのプロは脱税の容疑で逮捕されました。(汗)

社会福祉法人へ相続財産を寄付するという遺言書を偽造したことで、相続税を5億円脱税した容疑で税理士が逮捕された事件がありました。(2015年11月22日)

この事件で注目すべきポイントは、遺言書を偽造して相続税を5億円脱税したことではありません。
社会福祉法人へ寄付する行為自体は法律を犯していない点です。

そこで、寄付することで相続税が課税されない仕組みを紹介します。←脱税指南じゃないですからね。

続きを読む

1億6,000万!?効果絶大な相続税の配偶者控除のリスク

結婚・子育て資金の一括贈与

相続税には、さまざまな特例があり、その一つに相続税の配偶者控除があります。

正式名称は『配偶者に対する相続税額の軽減』といいます。

この配偶者控除は、相続税の計算特例の中で、大きな減額ができるため使いやすいですが、そこには一定のリスクがあります。

そこで、相続税の配偶者控除の内容とそのリスクについてまとめました。

続きを読む

損しないために!相続税の債務控除が可能な税金まとめ

相続税の計算では、相続人は亡くなった方の借入金などの債務を相続財産から控除できます。これを『債務控除』といいます。

この債務控除には、借入金などの債務の他に、消費税や固定資産税・住民税などの税金も含まれます。

控除可能な税金を探すことで相続税の納税額が大きく変わることもあります。

そこで、相続税の債務控除ができる税金(公租公課)についてまとめました

続きを読む

効果が分からない民間療法によるがん治療は医療費控除を適用できるか

OTC薬控除

末期がん患者が最後の頼みの綱として効果が分からない民間療法に臨むことがありますが、民間療法は保険適用外のものが多く非常に高額です。

しかし末期がん患者にとっては、命に変えられないので、いくら高額な請求をされても払わずを得ません。

そんなとき、所得税の医療費控除は適用できるでしょうか。

続きを読む