相続人と遺産分割

行方不明の相続人がいる場合の遺産分割協議書の作り方

行方不明の相続人

もし相続人のうち一人が行方不明になっている場合、遺産分割協議書はどうやって作成するか知っているでしょうか?

そもそも相続人になれるのでしょうか?それとも、いないものとみなすでしょうか?

そこで、行方不明の相続人がいる場合の遺産分割協議書の作成について紹介します。

続きを読む

急増!相続人が認知症だったときの相続税の申告ポイント3選

相続人が認知症

成年後見制度を利用する人が増えています。

平成26年度では約3万4千件の申し立てが行われています。

このうち、申立ての動機としは、預貯金の管理や処分が1番多くなっていますが、相続手続きのために成年後見制度の申し立てをする人も1割ほどいます。

そこで、相続人が認知症などで成年後見制度を利用する場合の、3つのポイントを紹介します。

続きを読む

3ヶ月以内に被相続人の遺産を調査まとめるための3つのコツ

遺産調査

相続税の申告は亡くなってから10ヶ月以内と期限が決まっている。

その期間中に、さまざまな手続きをしなければならない。

相続税の申告が不要であれば余裕もあるが、相続税の申告がある場合は、早い段階で被相続人の遺産をまとめる必要がある。

そこで、被相続人の遺産を3ヶ月以内に調査し、まとめる3つのコツを紹介する。

続きを読む

親子で見て欲しい!未登記建物・未登記土地の遺産分割リスク

未登記建物と未登記土地

不動産を相続した子どもが、相続登記をしようとすると、所有者が今回の被相続人ではなく、だいぶ前に亡くなっていた祖父母だったというケースが増えている。

これは、祖父母が亡くなった時点で、相続していない未相続という状態のまま放置されたために、起きてしまう。

未相続のため、当然相続人による相続登記も行われていない。

そこで、未相続による未登記建物や未登記土地がある場合の、遺産分割のリスクと、相続登記するための対処方法を紹介する。

続きを読む

遺産分割の期限が10ヶ月ではなく3年10ヶ月もある理由

未分割申告

相続税の申告をする場合の遺産分割の期限をご存知でしょうか。

一般的には相続税の申告期限である10ヶ月以内ですが、未分割申告という裏ワザ?を使うと3年10ヶ月に延長できます。

そこで、遺産分割の期限が3年10ヶ月に延長できる方法と、その場合の注意点をまとめました。

続きを読む

遺産分割でもめないために配偶者に全財産を遺すという方法

相続税の申告で遺産分割でもめるケースが増えています。

家庭裁判所に持ち込まれた遺産分割の調停の件数は1万件を超えました。

年間の死亡者数が120万人なので、全体の1%弱の割合で相続が争続へ変化しています。

遺産分割でもめるケースは、かつては華麗なる一族だけでしたが、現在では誰でも起こりうる問題となりました。

そこで、遺産分割でもめないための方法の一つとして、配偶者に全財産を遺す方法を紹介します。

続きを読む

遺産分割が揉める最大の理由はコレ!感情と法律のズレとは?

遺産分割が揉める最大の理由

相続が発生すると、遺言書がない限りは、相続人で集まり遺産分割の話し合いをします。

相続税が発生する家庭にとっては、相続が発生してから10ヶ月以内に相続税の申告をしなければならないため、遺産分割協議の時間は制限されます。

そのなかで、遺産分割協議がまとまれば問題ないですが、まとまらない場合もあります。

そこで今回は、なぜ遺産分割協議がまとまらないかについて紹介します。

また、遺産が未分割の場合のリスクについて紹介します。

続きを読む

60代以上必見!SNSアカウントの3つの相続対策ポイント

相続が発生するとさまざまな手続きが必要になりますが、忘れがちになるのがFacebookやtwitterなどのSNSアカウントの管理です。

現在、全体で35%前後の人がtwitterやFacebook、LINEなど何らかのSNSを利用しています。

60代以上に限ると、Facebookの利用率が最も高く20%前後の人が利用しています。

しかし、これだけの人が利用しているにもかかわらず、相続後の手続きでSNSアカウントを削除している人がどれだけいるでしょうか。

最悪の場合、削除されずにずっと放置されているかもしれません。

そこで、相続対策としてのSNSアカウントの3つ管理方法をまとめました。

続きを読む