相続人と遺産分割

4つの遺産分割の方法で、分けにくい不動産を分ける方法

相続の遺産分割協議で不動産が多いと、誰が何処を相続するかで揉めることがあります。

誰でも相続するなら、立地や収益性が高い不動産が欲しいに決まっています。

また、不動産が実家だけのケースでも、誰が実家を相続するかで揉めることがあります。

不動産は現金や有価証券のように、自由に分けられないため、一人が不動産を相続すると、他の相続人の相続分が減少して不公平になるためです。

そこで、民法では、4つの遺産分割の方法を定めています。

続きを読む

遺産分割協議でトラブルの原因となる隠れ相続人とは

遺産分割協議では時にトラブルに発展することがあります。

原因はさまざまですが、そのひとつに隠れ相続人の存在があります。

隠れ相続人とは、法律用語ではありません。ただの造語です。

本来の相続人ではない相続の親族のことです。

今回は、遺産分割協議でトラブルになる隠れ相続人について紹介します。

続きを読む

愛人の子供を認知した場合の遺産相続の権利と相続分

相続税の計算では、正式な婚姻関係にない者、つまり愛人や内縁の妻と呼ばれる人には相続権がありません。

父親の場合、正式な婚姻関係にない愛人の子(非嫡出子)の認知をすれば、通常の子ども(嫡出子)と同じように遺産を相続する権利が生じます。

さらに、相続税法の改正で、非嫡出子と嫡出子の相続分の割合が平等になりました。

そこで、認知した愛人の子供に対する相続権についてまとめました。

続きを読む

兄弟姉妹が相続人なった場合の5つの問題点と解決策

相続が発生した場合に、子供と父母がいない場合は、兄弟姉妹が相続人になる可能性があります。

この場合、子供や親が相続人になる場合と、少し違う問題が生じることがあります。

少子化の時代になったため、子供がいない世帯も多くなってきました。

そこで、兄弟姉妹が相続人になった場合の5つの問題点と解決策を紹介します。

続きを読む

公平な遺産分割を目指すために必要な3つの考え方

誰でも遺産分割でのトラブルはできるだけ避けたいと思います。

それでも、遺産分割でトラブルが起こることがあります。

その理由のひとつに、法定相続分と実際の相続分とのギャップがあります。

「あいつは贈与を受けていたはずだ」「自分はもっと貰えるはずなのに」などの感情があります。

そこで、遺産分割協議で揉めないために、公平に遺産分割する3つの考え方とその計算方法を紹介します。

続きを読む

成年後見制度を使って相続人が認知症でも遺産分割する方法

結婚・子育て資金の一括贈与

「相続人が認知症の場合は、遺産分割協議に参加できるの?」

高齢化の進展で、相続人に高齢者が増えてきたことで生まれた問題です。

そんなときは、相続人に成年後見人を選任することになりますが、あまり運用が進んでいません。

そこで、相続人と成年後見制度について紹介します。

続きを読む

「相続放棄」「相続しない」の2つの似ているようで違う理由

相続税の手続きには、3ヶ月以内にしなければならないものの一つに「相続放棄」があります。

相続放棄とは、民法の言葉で、相続人が遺産の相続を放棄することです。

しかし、単純に相続を放棄するには、遺産分割協議の段階で「私は、遺産がいらないから相続しません。」と言えば、わざわざ家庭裁判所に申述する必要がないような気もします。

そこで、なぜ「相続放棄」の手続きがあるのか。そして遺産分割協議の「相続しない」との違いを紹介します。

続きを読む

未成年者や障害者が相続人になった場合の相続税の手続と計算

相続税の遺産分割協議や税額計算では、相続人が未成年者や障害者である場合は、通常と少し違ってきます。

相続税の計算では、未成年者や障害者には、一定の税額控除があります。

また分割協議では、未成年者や障害者の署名押印に、代理人が必要になる可能性があります。

これらを知らないと、手続きが遅れてしまったり、特例を受け忘れてしまうことになります。

そこで、相続人が未成年者や障害者の場合の注意すべきポイントをまとめました。

続きを読む

相続でお世話になる士業一覧│弁護士?司法書士?税理士?

相続ではさまざまな手続きが必要になってきます。

費用の面を考えると自分で出来る手続きは自分で進めたほうが良いと思いますが、自分では解決できない場合や、相続人が高齢で手続きをするのに時間がかかってしまう場合は、専門家にお願いした方がいい場合もあります。

しかし、士業にはそれぞれ専門分野があり、誰に何を頼んでいいのかわかりません。

そこで、相続でお世話になる士業の専門分野をまとめました。

また、士業を探す際の便利な士業関連サイト一覧もまとめました。

続きを読む

必見!相続があった場合の成年後見制度の10のよくある質問

高齢化社会になり成年後見制度を利用する人が増えてきました。

そんな中で、被後見人等が亡くなるまでの間に、被後見人等が相続人になるケースも予想されます。

そんなときに、相続人としてどうやって関与するか不安ではありませんか。

そこで、成年後見人等として相続にどのように関与するかQ&A方式でまとめました。

続きを読む