相続税の対策

売却だけじゃない!生前贈与で不動産の共有を解消する方法

土地の共有持分

土地を兄弟(姉妹)で共有していませんか?

もし、土地の共有持分を解消したいとお思いでしたら、早めにご相談ください。

兄弟姉妹の相続が発生してしまうと、土地の所有者がバラバラになり、処分できなくなるリスクがあります。

現在共有持分で困っている方は、この記事を読んでリスク内容を理解し、早めにご連絡ください。

続きを読む

社長!中小企業の役員借入金が相続財産って知っていますか?

役員借入金

中小企業の帳簿にある役員借入金ですが、これが相続財産となることを知っているでしょうか。

役員借入金は、会社から見ると、経営者から借りている債務となりますが、社長の立場から見ると、自分の会社への債権となり、相続財産となります。

この事実を知らないと、相続が発生したときに思わぬ税金が発生する可能性があります。

そこで、社長のために、中小企業の役員借入金に対する相続税のリスクと解決法をまとめました。

続きを読む

50代でセミリタイアしても人生を楽しめる人の24の特徴

セミリタイア

”セミリタイア” なんとうらやましい響きでしょう。

芸能人の大橋巨泉さんに始まり、一部の人のみに許されるこの特権は、多くの人のあこがれです。

普通のサラリーマンからすると、どうして40代後半から50代という働き盛りのときに、仕事から離れることことができるのか、不思議でなりません。

そこで、セミリタイアできる人の資産や収入・生活スタイルの特徴をまとめました。

続きを読む

遺言書の誤りで無効になる!?正しい訂正印の押し方ガイド

訂正印の押し方

遺言書には種類がいくつかあるが、そのなかには自筆証書遺言のように、代書やパソコンを使わず自筆で書くことが要件となる遺言書がある。

しかし自筆であるがゆえに、漢字の誤りや、書き間違いが生じることがある。

そんなときに、正しい訂正印を押しておかないと、最悪その遺言書が無効になる可能性がある。

そこで、これから遺言書を自分で書く人のために、遺言書の誤りが生じた場合の、正しい訂正印の押し方を紹介する。

続きを読む

定年後に再雇用されるシニア世代が円滑に働く3つの秘訣

シニア世代

定年延長や再雇用制度によって60歳で定年になったとしても、65歳まで働ける環境が増えてきました。

しかし、中には、再雇用されたシニア世代と現役世代との意識の違いにより、トラブルになるケースもあります。

そこで、再雇用されるシニア世代が、現役世代と上手く付き合いながら65歳まで働くことができる3つのコツをまとめました。

続きを読む

急増するデジタル遺産について見つけるためのポイント

デジタル遺産

デジタル遺産またはデジタル遺品という言葉を知っているだろうか?

高齢者もパソコンやタブレットを使いこなすようになったことで、パソコンの中やクラウド上にデータを遺したまま亡くなるケースが急増している。これらのデータをデジタル遺産(遺品)という。

相続人からすると、不動産や通帳と違い、現物がないため亡くなった人が何を所有していたか全くわからない。

そこで、相続人がデジタル遺産を発見する方法をまとめた。

相続人になる可能性がある人は、この記事を読んで、親などにアドバイスすると相続時に混乱しないかもしれない。

続きを読む

1億円必要?65歳から始める老後の資金シミュレーション

老後に必要になる資金と現在の貯蓄額を比べて、足りるのか不安になりませんか?

老後の資金は夫婦で1億円必要だという試算もあります。

しかし、老後に必要な資金は、家庭ごとに違って当然です。

生活水準の高い家庭と低い家庭を比べると、必要な老後の資金は大きく違ってきます。

そこで、老後の資金をシミュレーションすることで、必要な資金と、不足する資金を試算しましょう。

続きを読む