相続税の対策

1000万円の相続対策┃お墓を買うタイミングと注意点

お墓

お墓は欲しいけれど、いつ買ったらいいのだろうか?と悩んでいませんか?

結論としては、今でしょ!と言いたいです。

一般的には、お墓は亡くなった後に検討し、法要が終わると納骨という流れになります。

しかし、最近では終活の一環として、自分の入るお墓を生前に自分で選ぶ人も増えています。

税金の面から見ても、生前に自分のお墓を購入することは、メリットがあので、今回は生前にお墓を購入する意味を紹介します。

続きを読む

親族に不動産をお得な方法で譲るコツと税金の2つのポイント

自宅や別荘などの不動産を、子供や配偶者など家族に譲りたい場合は、どんな方法があり、どんな税金が生じるか不安ではないだろうか?

相続対策の需要も高まり、生前贈与として、できるだけコストを抑えて不動産の名義を変更をしたい人は、年々増えている。

そこで、親族内で不動産の名義を変更する場合に、どのような方法があり、どんな税金が生じるかを紹介する。

また、取引によって異なるポイントを紹介する。

相続対策として、不動産を親族に譲りたい方は、この記事を読んで参考にしてもらいたい。

続きを読む

親も子も相続準備してる?田舎の土地を相続する相続人の負担

田舎のいらない土地

バブルの頃に不動産業者の話に乗って購入したけれど、定年を迎えた今となっては、全く使っていない田舎や辺鄙な場所にある土地を所有していないだろうか?

バブルの頃は、値上がりが期待でき、子どもに遺してあげられる財産だったが、今では収益を生まない『お荷物遺産』になっていないだろうか?

そんな田舎の使わない土地を相続する将来の相続人(”推定相続人”という)は、必ず負担を強いられることになる。

そこで、具体的に相続人が、田舎の使わない土地を相続することで生じる負担と、対処方法を紹介する。

続きを読む

ガーン!贈与税の税率が高いは嘘!比較すべきは実効税率!

贈与税の税率は高い。と思っていませんか?

たしかに、贈与税と相続税の速算表を見ると、贈与税のほうが高く見えますが、実効税率と比べると贈与税の税率が低いこともあります。

そこで、今まで言われてきた贈与税の税率が高いという嘘と、実効税率について紹介します。

続きを読む

社葬の税務┃どこまで経費なの?香典は誰の収入?科目は何?

社葬の税務

相続税の計算では、葬式費用を相続財産から控除することができる。

これは多くの人が知っているが、法人が社葬として費用を負担した場合は、その一部を法人の経費にできることを知っているだろうか。

相続税が発生する人にとっては、個人の遺産から葬式費用を負担することで、相続税を圧縮できる。

しかし、相続税が発生しない人にとっては、法人が社葬として費用を負担することで、遺産を多く相続人に遺すことができるメリットがある。

そこで、中小企業のために、法人が社葬をした場合の税務についてまとめた。

続きを読む

雛人形を初孫に買ってあげることが相続対策になる理由

雛人形

相続税が気になりだした60代以降の人が、100万ほどを毎年子どもや孫に生前贈与している人がいます。

たしかに、暦年贈与では110万円まで贈与税が発生しないため、何年も継続することで大きな効果を発揮します。

しかし、贈与税には課税されない財産があり、そのなかに、雛人形が含まれることを知っている人は多くありません。

かわいい初孫に雛人形を買ってあげることが相続税対策にもなるため一石二鳥です。

そこで、贈与税か課税されない財産と雛人形の関係を紹介します。

続きを読む

最近注目される遺産の遺贈寄付の2つのポイントと注意点

遺贈寄付

最近注目されているの遺贈寄付をご存知でしょうか。

遺贈寄付とは、遺言書で国などの公益団体に相続財産を寄付することを言います。

背景には、少子高齢化で財産を残したい相続人がいないケースが増えたことと、東日本大震災をきっかけに寄付の文化が日本に認知されてきたことがあります。

そこで、遺贈寄付に興味がある人、特に子供がいない人に向けて、遺贈寄付について紹介します。

続きを読む

社長必見!│役員退職金の相場や税金をスパっと解説

中小企業や同族会社の社長であれば、自分の退職金を自分で決めることも多々あります。

しかし、退職金についての一般的な相場や税金について分からないことも多いため、過大かなぁと不安になる人もいるかもしれません。

そこで、一般的な退職金の決め方や、書類の提出によって変わる税金について紹介します。

続きを読む

飼い主が先に亡くなったときの、ペットの相続対策3選

当然ですが、飼い主とペットが同時に亡くなることは、事故や災害を除き、ほとんどありません。

犬や猫の平均寿命で考えれば、飼い主が先に亡くなる確率は低いですが、犬や猫の飼い始めから10年から15年後に自分も高齢者になっている場合は、ペットよりも先に飼い主が亡くなることもあります。

しかし、多くの人は、自分が亡くなった後のペットの生活について考えていません。

そこで、飼い主が先に亡くなった場合の、ペットの相続対策を紹介します。

続きを読む

終活とは違う!おひとりさまの老後で生じる相続の5つの不安(追記あり)

「おひとりさま」という言葉が一般的になりました。

一般的には、カラオケ、焼き肉、映画などですが、相続も「おひとりさま」が増えています。

豊かな老後に必要な資金は、夫婦で1億円という話も聞きます。

一人でも6,000万円は必要と言われていますが、実際のところは人それぞれです。

老後の資金で足りない部分は、年金や仕事を継続することで補います。

しかし、おひとりさまの相続は、資金面だけでなく他にも心配なことが多くあります。

そこで、おひとりさまの相続で心配すべき5つの不安と解決方法を紹介します。

続きを読む