相続税の対策

タンス預金や名義預金に相続税を課税させない3つの秘訣

相続税の税務調査で最も問題になりやすいのは何でしょうか?

実はタンス預金や名義預金です。

理由は簡単で、誰のものかはっきりしていないためです。

所有者が分かりませんし、聞くべき相手は既に亡くなっているため、死人に口なしです。

そのため、相続人と税務署との意見の食い違いが生じてしまいます。

そこで、タンス預金や名義預金に相続税を課税されないためのポイントを3つ紹介します。

続きを読む

リバースモーゲージを活用して、親と子供が両方が得する方法

リバースモーゲージという制度を知っているでしょうか。

リバースモーゲージとは、自宅を担保に融資を受けますが、原則返済の必要はなく、亡くなった後に担保となった自宅を売却することで借入金を返済するものです。

親世代にとって老後の資金づくりは大きな問題ですが、子供世代にとっても住まない実家の処分は大きな問題になります。それを解決する方法のひとつがリバースモーゲージです。

ただし、一定のリスクがあることも注意しないければなりません。

そこで、リバースモーゲージについて紹介と大手銀行のリバースモーゲージについてまとめました。

続きを読む

相続対策で資産家や地主を食い物にする相続ビジネスとは

注目を集める相続税ですが、そのなかで相続対策と言いつつ資産家や地主を食い物にする相続ビジネスもあります。

最近では、書店にも相続に関する書籍が並んでいますし、相続セミナーも活況です。

そのため、多くの人が書籍や相続セミナーに注目しますが、その発行元やセミナー主催者に注目する人はどれだけいるでしょうか。

相続対策とは言いつつ、慈善事業ではなくビジネスなので、発行元やセミナー主催者が利益を得る仕組みがあります。

そこで、資産家や地主を食い物にする相続対策という名の相続ビジネスを紹介します。

続きを読む

暦年課税贈与と精算課税贈与の違いと正しい活用法

相続対策として有効な生前贈与ですが、実は2種類あります。 ひとつは一般的にイメージしている「暦年課税贈与」、もうひとつは相続税特有の制度の「相続時精算課税贈与」です。 この2つの贈与には、それぞれ特徴があるため、その特徴 […]

続きを読む

相続対策│節税の4つの考え方と12の具体的な方法

相続セミナーへ参加すると、不動産投資や会社設立などの相続税の節税方法を教えてくれます。

しかし、これらの方法を大きな視点で見ると、4つの区分に大別できます。

自分に合った節税方法を確認するためにも、節税に対する4つの考え方を知りましょう。

また、4つの考え方に区分される12の具体的な節税方法も紹介します。

なお、相続税が発生する人が対象なので、もとから相続税が発生しない人は、参考程度に読んで下さい。

続きを読む

2000万円の夫婦間贈与を申告するのに便利なツールを紹介

贈与の中には、婚姻期間が20年以上の夫婦のみに認められる「贈与税の配偶者控除の特例」があります。

おしどり贈与とも呼ばれるこの特例は、配偶者への感謝の気持ちという側面もありますが、相続対策としても使われることがあります。

また最近では、いろいろな便利ツールがあるため、自分で書類を準備して申告することも可能です。

そこで、贈与税の配偶者控除の特例についての解説と、申告のための便利ツールを紹介します。

続きを読む

相続対策にならない名義預金と連年贈与の6の注意ポイント

65歳になり会社辞めた頃から、相続税が気になりだして、子供名義の口座にコツコツ預金を移動していませんか?

実はそれ、相続対策になっていませんし、もしかしたら子供に贈与税を負担させる可能性もあります。

相続税では、他人名義の口座に勝手に財産を移動する行為を贈与とは認めていません。

このような行為は、名義預金や連年贈与と呼ばれるものに該当する可能性があります。

そこで、正しい贈与で相続対策をするために、名義預金と連年贈与の注意ポイントを紹介します。

続きを読む

信託の活用で相続対策できる教育資金と結婚資金の一括贈与

政府主導の生前贈与の政策を2つ紹介します。

一つは「教育資金の一括贈与の非課税」、もう一つは「結婚・子育て資金の一括贈与の非課税」です。

どちらも、贈与税の課税を受けることなく若い世代に、財産を移転できる特例です。

相続対策をしたい年配者と、何かとお金が必要な若い世代の両方に嬉しい政策になっています。

合わせて、メガバンクの関連商品をまとめたので、見比べてみましょう。

続きを読む

タワマンに投資して、相続対策できる3つの理由と改正リスク

タワーマンション節税

不動産投資セミナーに参加された方なら知っていると思いますが、東京オリンピックが決まった日本では不動産投資が盛んに行われています。

理由としては、「安倍政権の国土強靭化地域計画」や「東京オリンピック」や「日銀の黒田バズーカ」、「チャイナマネー」などが挙げられます。

投資としての側面が強い不動産投資ですが、別の側面としてタワーマンションを使った相続税対策があります。

不動産投資セミナーのテーマの中には、タワーマンションを使った相続税対策を紹介するものも多くあります。

しかし、中身については分からない人もいると思うので、相続税対策で使われるタワーマンション節税を紹介します。

続きを読む

プロが教える一般社団法人を使った相続対策と改正リスク

相続対策として不動産管理を目的とした法人を使った相続対策があります。

この方法のメリットは、家族に給料を払うことによる所得の分散効果です。(所得税は累進課税なので、所得が低いほうが有利)

この相続対策の進化系として、法人を株式会社や合同会社ではなく、一般社団法人を利用するケースです。

そこで、一般社団法人を使った相続対策の仕組みとそれに対するリスクを紹介します。

※この記事は、2015年12月現在の情報で記載しています。その後の改正に対応していません。

続きを読む