相続税の対策

3段階で「相続税についてのお尋ね」に上手く対応する方法

突然「税務署から相続税についてのお尋ね」が届いて何をどうすればいいのかビックリしたことはありませんか?

税務署では、人が亡くなった家庭のうち、相続税が発生しそうな家庭に「相続税についてのお尋ね」を送ることがあります。

税務署からのお尋ねは、申告が必要かどうかを確認するための書類なので、お尋ねが届いたから申告が必要というわけではありません。

お尋ねが届いて驚くかもしれませんが、しっかりと対応すれば何の問題もありません。

最悪なパターンは、申告が必要にもかかわらず無視した結果、相続税の税務調査を受け、本来の相続税に加えて「無申告加算税」や「延滞税」などを払うことです。

無駄な税金を払わないために、相続税についてのお尋ねが届いた時の3段階の対応手順を紹介します。

続きを読む

相続対策としての不動産投資の4つのメリットとデメリット

最近の相続税の改正を受けて不動産投資セミナーが活況というニュースを見ました。

アパート・マンションなどを購入して人に貸すことで相続税対策をしようとするものです。

しかし、具体的にどのよう理由で相続対策になっているか分からない人もいるのではないでしょうか。

そこで、相続税対策としての不動産投資について紹介します。

続きを読む

簡単に相続税のシミュレーションができる国税庁の計算シート

相続税の申告要否の判定コーナー

自分の財産に対して、相続税が発生するか不安ではありませんか?

国税庁のホームページでは、オンラインで相続税の申告要否の判定ができます。

チェックシートは2種類あり、一つは簡易判定、もう一つはより細かく判定するものです。
今回は、より細かく相続財産を入力するタイプのチェックシートの解説です。

続きを読む

プロも使った社会福祉法人への寄付を使った相続税の節税方法

プロも使ったとタイトルに付しましたが、そのプロは脱税の容疑で逮捕されました。(汗)

社会福祉法人へ相続財産を寄付するという遺言書を偽造したことで、相続税を5億円脱税した容疑で税理士が逮捕された事件がありました。(2015年11月22日)

この事件で注目すべきポイントは、遺言書を偽造して相続税を5億円脱税したことではありません。
社会福祉法人へ寄付する行為自体は法律を犯していない点です。

そこで、寄付することで相続税が課税されない仕組みを紹介します。←脱税指南じゃないですからね。

続きを読む

600万円の相続対策がある養子縁組の隠れたデメリット

相続税対策でよく見かけるのが養子縁組です。

養子縁組は相続税の計算では、相続財産を減らす効果があります。

単純に1人を養子縁組した場合は、基礎控除額が600万円増え、相続対策になります。

しかし、養子縁組は相続税の計算に対するメリットの反面、遺産分割協議がまとまらない原因にもなります。

そこで、養子縁組による相続対策のメリットとデメリットを紹介します。

続きを読む

誰でも簡単に相続税の判定ができる簡易シートの入力手順

相続税の申告要否の判定コーナー

国税庁のホームページで相続税の簡易判定シートが公開されました。

もし、自分の相続税について、申告の必要があるか知りたい人は、便利なツールです。

このシートに、相続人と相続財産を入力すると、相続税の申告が必要か判定しくれます。

入力に専門知識はいらないため、誰でも簡単に判定できます。

そこで今回は、実際に金額を入れた画面キャプチャを見ながら解説してみました。

続きを読む

65歳定年から始める相続財産の計算と相続財産の断捨離

会社員にとって65歳は定年という節目の年になります。

定年後の時間の過ごし方は人それぞれです。趣味や旅行を楽しもうと考える人や、再雇用でさらに働こうという人もいます。

しかし65歳の定年という節目は、自分の相続財産を見直すいいタイミングでもあります。

これまで貯めこんできたモノを見直し、これからの人生で必要なモノと、不必要なモノを選別するいい機会です。

また、不必要なモノは思い切って処分する絶好の機会になります。

続きを読む

純金製の仏具を使った相続税対策の思わぬ落とし穴

改正で相続税への課税強化となる中で相続税対策の商品も数多くあります。

そのなかで、仏具を使った相続税対策があります。

対策となる根拠は、仏像が非課税財産というところですが、それには、条件があるため注意が必要です。

そこで、これから仏像で相続対策をしようと考えている人に、仏像の考え方とリスクをまとめました。

続きを読む

税率だけじゃない!相続税と贈与税の4つの違いとポイント

相続税と贈与税の関係性は非常に近く親戚関係のようなものですが、違うところもあります。

贈与税は相続税の補完税といわれ、相続税を補助するための機能がありますが、

最近では、贈与を生前の相続対策として利用するケースが増えてきました。

そこで、相続税と贈与税の違いについてまとめました。

なお、前提として贈与は暦年課税贈与に限定します。

続きを読む