相続税の申告・納税

不動産所得がある人が死亡した時の準確定申告のポイント6つ

準確定申告のポイント

相続対策で不動産所得がある人にとって確定申告は年中行事なので慣れている人も多いと思う。

しかし、亡くなった後のことまで考えている人は少ない。

いざ相続が発生すると、相続人が亡くなった人に代わって不動産所得の確定申告をしなければならない。

被相続人には慣れた作業である確定申告も、相続人にとっては初めての税金の申告かもしれない。

そこで、相続人ために不動産所得がある人が亡くなった場合の、確定申告(いわいる準確定申告)のポイントを紹介する。

続きを読む

貸家を相続した相続人が必ず出すべき3つの届出書と期限

アパートの相続手続き

親が相続対策としてアパート経営をしていたために、相続の発生で突然アパート経営をすることになり戸惑っていませんか。

相続対策と不動産投資が人気になることで、このようなケースが増えています。

相続人となった子供は、アパート経営の知識以前に、個人事業主としての届け出が必要になります。

最悪の場合、届け出をしないことで、税務申告を忘れる結果となり、無駄な税金を払う可能性もあります。

そこで、相続でアパート経営をすることになった相続人が、まず最初に出すべき届出書とその期限について紹介します。

続きを読む

相続税の申告┃申告や名義変更で必要になる戸籍謄本の取り方

相続税の申告┃戸籍謄本

相続税の申告書を提出する場合の添付書類のひとつに戸籍謄本があります。

戸籍謄本は、申告だけでなく、株や預金の名義変更など多くの場面で必要になります。

しかし、人によっては戸籍謄本が多くなってしまい、請求に時間が掛かることもあります。

そこで、効率的な戸籍の取り方を紹介します。

続きを読む

申告前にもう1回確認して!贈与税の特例税率と添付書類

贈与税の改正で平成27年以降にした贈与のうち、直系尊属からの贈与については税率(以下「特例税率」という)が異なることをご存知でしょうか。

もし、税率が変わったことを知らずに贈与税の申告をすると税金を払いすぎてしまうかもしれません。

また、改正された特例税率を使う場合は、贈与財産の金額によっては添付書類が必要になります。

そこで今回は、改正された贈与税の税率と申告方法を紹介します。

続きを読む

基本ポイント5選│自分で確定申告書を作成するやり方

確定申告

確定申告書を専門家に頼らずに、自分で作成して提出したいと考えている人もいるかもしれません。

そこで、税理士に頼らず自分で確定申告書を作成するために、最低限押さえておくべきポイントを7つ紹介します。

この記事を読むことで、単純な申告であれば自分で出来る自信が付きます。逆に、この記事を読んで実践しても分からなければ税理士に相談してみましょう。

続きを読む

2016年│ふるさと納税の確定申告のコツをズバッと紹介

ふるさと納税

税金が減らせて、特産品がもらえる「ふるさと納税」。

地方自治体も大きな収入源となるため、特産品に力を入れている。

しかし、ふるさと納税を賢く使い税金を最大限減らすためには、ふるさと納税の仕組みを知ることが重要だ。

そこで、ふるさと納税の控除限度額や計算方法、確定申告のやり方を紹介する。

この記事を読むことで、ふるさと納税を最大限活用できるようになって頂きたい。

続きを読む

確定申告│不動産所得がある人が知っておくべきポイント10

タワーマンション節税

日本の所得税の申告は、自分で計算して納税する申告納税方式のため、自分の計算がすべてです。

そこで、賃貸用の不動産を持っている資産家やサラリーマンのために、所得税の確定申告で最低限知っておくべきポイント10選をまとめました。

この記事を読むことで、不動産所得の確定申告についての基礎が分かります。

続きを読む

相続をサポートする遺言信託のメガバンクごとの商品まとめ

遺言信託をご存知でしょうか。

遺言信託とは、遺言書の作成、執行などの相続手続きをまとめてお願いできるもので、信託銀行などの金融機関から出ている商品です。

相続税の一連の手続きは煩雑なため、信託でまとめてお願いできるのがメリットです。

ただし、デメリットとして費用がトータルで100万円前後必要になるケースもあり、非常に高額な点があります。

そこで、メガバンクの遺言信託の商品をまとめてみました。

続きを読む