相続税の改正

地主注目の改正!相続した土地を譲渡した時の税金の計算

不動産の譲渡

相続税の改正によって、2015年1月以降に亡くなった場合の、相続税の計算では、基礎控除額が縮小し、最高税率が上昇しました。

実はこの改正の他に、ひっそりと相続した土地を売った時の税金の計算特例も改正されました。

相続税の納税対策に土地の譲渡を考えていた地主にとっては、大きな改正になりますが、意外と知られていません。

そこで、相続した土地を譲渡したときの税金について紹介します。

続きを読む

消費税の軽減税率の6つの具体例┃惣菜は?ピザは?土産は?

消費税の軽減税率

消費税の軽減税率が平成29年4月から始まります。

それに合わせて遅れて平成33年4月から、領収証に税率を記載するインボイス制度が始まります。

消費税の軽減税率が始まると、区分経理が必要になるため、経理の仕事をしている人は負担が増えます。

また、消費税の軽減税率が適用される飲食業の負担は、人的にも金銭的にも増えることが確実です。

そこで、飲食店のために、消費税の軽減税率の対象品目の具体例をまとめました。

※この記事は、2016年3月の時点の情報にもとづいています。また、申告を保証するものではないため

続きを読む

28年度税制改正大綱│新創設のスイッチOTC薬控除とは?

OTC薬控除

平成28年度の税制改正大綱が発表され、そのなかで新しく医療費控除の特例が創設されると決定しました。

正式名称は「セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除」というものです。

まだ詳しい内容や要件はわかりませんが、税制改正大綱の内容から分かる範囲で紹介します。

続きを読む

愛人の子供を認知した場合の遺産相続の権利と相続分

相続税の計算では、正式な婚姻関係にない者、つまり愛人や内縁の妻と呼ばれる人には相続権がありません。

父親の場合、正式な婚姻関係にない愛人の子(非嫡出子)の認知をすれば、通常の子ども(嫡出子)と同じように遺産を相続する権利が生じます。

さらに、相続税法の改正で、非嫡出子と嫡出子の相続分の割合が平等になりました。

そこで、認知した愛人の子供に対する相続権についてまとめました。

続きを読む

信託の活用で相続対策できる教育資金と結婚資金の一括贈与

政府主導の生前贈与の政策を2つ紹介します。

一つは「教育資金の一括贈与の非課税」、もう一つは「結婚・子育て資金の一括贈与の非課税」です。

どちらも、贈与税の課税を受けることなく若い世代に、財産を移転できる特例です。

相続対策をしたい年配者と、何かとお金が必要な若い世代の両方に嬉しい政策になっています。

合わせて、メガバンクの関連商品をまとめたので、見比べてみましょう。

続きを読む

実家の活用で、土地の評価額を8割下げる相続税の2つの改正

自宅の相続対策

親の相続を考えたときに、実家の処分について悩んでいませんか?

少子高齢化で核家族化が進んでいます。

若い世代の家族には、駅チカのタワーマンションが人気ですが、親世代は駅から離れた戸建てに住んでいるケースが多くなりました。

相続税の計算上、亡くなった人の財産のうち不動産は、大部分を占めるため実家の不動産は大きな問題になります。

この問題に対して、相続税で2つの改正がありました。

1.老人ホームへ入所して、空き家になった土地の評価減
2.完全分離型の二世帯住宅に対する土地の評価減

この2つの改正の活用方法を紹介します。

続きを読む

プロが教える一般社団法人を使った相続対策と改正リスク

相続対策として不動産管理を目的とした法人を使った相続対策があります。

この方法のメリットは、家族に給料を払うことによる所得の分散効果です。(所得税は累進課税なので、所得が低いほうが有利)

この相続対策の進化系として、法人を株式会社や合同会社ではなく、一般社団法人を利用するケースです。

そこで、一般社団法人を使った相続対策の仕組みとそれに対するリスクを紹介します。

※この記事は、2015年12月現在の情報で記載しています。その後の改正に対応していません。

続きを読む

1億以上の資産家を狙った国外転出時課税【出国税】が新設

証券取引所

27年度税制改正で資産家を狙い撃ちした国外転出時課税制度という制度ができました。

この制度は、平成27年7月1日以後に、1億円以上の株などの有価証券を持っている人が、海外へ引っ越すっ場合に、その有価証券の売却があったとみなして、値上がり部分に譲渡税を課税するものです。

ほとんどの人は関係ない制度だと思いますが、有価証券等を1億円以上保有している人を対象に、制度の概要を紹介します。

続きを読む

誰でも分かる相続税と贈与税の改正点の6つのポイント

相続税が改正されたのは知っているけど、値上げされたのか?いつからなのか?など疑問がある方も多いと思います。

相続税と贈与税ともに平成27年1月からの改正になります。

改正の中身は、大きくいうと、課税される人の範囲の拡大と、減額特例の拡大です。

単純な値上げ(増税)ではなく、増税と減税のセットになっています。

そこで、平成27年1月以降の相続税と贈与税の主要な改正点を簡単にまとめました。

続きを読む