純金製の仏具を使った相続税対策の思わぬ落とし穴

改正で相続税への課税強化となる中で相続税対策の商品も数多くあります。

そのなかで、仏具を使った相続税対策があります。

対策となる根拠は、仏像が非課税財産というところですが、それには、条件があるため注意が必要です。

そこで、これから仏像で相続対策をしようと考えている人に、仏像の考え方とリスクをまとめました。

続きを読む

税率だけじゃない!相続税と贈与税の4つの違いとポイント

相続税と贈与税の関係性は非常に近く親戚関係のようなものですが、違うところもあります。

贈与税は相続税の補完税といわれ、相続税を補助するための機能がありますが、

最近では、贈与を生前の相続対策として利用するケースが増えてきました。

そこで、相続税と贈与税の違いについてまとめました。

なお、前提として贈与は暦年課税贈与に限定します。

続きを読む

1億6,000万!?効果絶大な相続税の配偶者控除のリスク

結婚・子育て資金の一括贈与

相続税には、さまざまな特例があり、その一つに相続税の配偶者控除があります。

正式名称は『配偶者に対する相続税額の軽減』といいます。

この配偶者控除は、相続税の計算特例の中で、大きな減額ができるため使いやすいですが、そこには一定のリスクがあります。

そこで、相続税の配偶者控除の内容とそのリスクについてまとめました。

続きを読む

改正│平成27年より相続税の基礎控除が4割削減されます

書店では、相続税に関する本が増え、相続関連のセミナーは盛況です。

その理由は、相続税法の改正により、相続税がより身近になったためです。

具体的には、平成27年1月から申告が必要かどうかの判定基準となる基礎控除額が4割削減されました。

あまりピンとこない人もいるかもしれませんが、この記事を読むことで、基本的なことは理解できるはずです。

そこで今回は、遺産から控除できる相続税の基礎控除額についてまとめました。

続きを読む

日本の相続税は高いの?世界の相続税の負担率と比較してみた

イメージで日本の税金は高いと思っていませんか?

相続税の基礎控除額額は平成27年から下がりましたし、消費税は平成29年4月から10%に上がります。

しかし実際に日本の税金が世界から見て高いのか低いのか比較したことはありません。

そこで財務省のホームページを参考に、世界の相続税の負担率を国ごとにまとめました。

続きを読む

損しないために!相続税の債務控除が可能な税金まとめ

相続税の計算では、相続人は亡くなった方の借入金などの債務を相続財産から控除できます。これを『債務控除』といいます。

この債務控除には、借入金などの債務の他に、消費税や固定資産税・住民税などの税金も含まれます。

控除可能な税金を探すことで相続税の納税額が大きく変わることもあります。

そこで、相続税の債務控除ができる税金(公租公課)についてまとめました

続きを読む

マイナンバーが銀行の預金口座と紐付けされた場合の相続税の名義預金

マイナンバーが平成28年から始まるのに伴い10月から通知カードの簡易書留での配布が始まりました。

マイナンバーは当面は「税」「社会保障」「災害」の3分野での利用となりますが、平成30年からは銀行の預金口座とも紐付けされることが予定されています。
そこで、マイナンバーが銀行の預金口座と紐付けされると、影響が大きくなるような気がするので考えてみました。

続きを読む

効果が分からない民間療法によるがん治療は医療費控除を適用できるか

OTC薬控除

末期がん患者が最後の頼みの綱として効果が分からない民間療法に臨むことがありますが、民間療法は保険適用外のものが多く非常に高額です。

しかし末期がん患者にとっては、命に変えられないので、いくら高額な請求をされても払わずを得ません。

そんなとき、所得税の医療費控除は適用できるでしょうか。

続きを読む

遺言書を書く人は必ず知っておきたい遺言執行者の仕事と報酬

父親の相続で遺言者が発見され、驚きつつも検認を済ませて中身を見ると自分が遺言執行者に指定されていた。

遺言書の中身は伏せておくことがあるため、上記のようなケースも可能性としてはあります。

そこで、いきなり遺言執行者になっても慌てないために、遺言執行者の仕事の流れや報酬をまとめました。

続きを読む