【急増】後継者問題で発生する中小企業の5つのシナリオ

後継者問題と事業承継

高齢化が進み、バブル期に起業・成長してきた企業の多くが、後継者の問題を抱えています。 これは、創業者が60歳を過ぎ、事業承継の時期に入ったためと考えられます。 そして後継者の問題は、中小企業でも起きています。そこで、後継者問題を抱える中小企業にどのようなシナリオがあるか考えてみました。

続きを読む

年金から税金が特別徴収される人と普通徴収の人の違い

年金

なぜか年金から税金が引かれる場合と、引かれない場合があります。

税金を年金から予め控除されると、手取りが減るため、いい気持ちはしませんが、国からすると滞納がなくなるので大きなメリットです。

そんな特別徴収ですが、年金から引かれない場合(普通徴収)もあります。

そこで、どういう場合に特別徴収となり、どういう場合に普通徴収になるかまとめました。

続きを読む

行方不明の相続人がいる場合の遺産分割協議書の作り方

行方不明の相続人

もし相続人のうち一人が行方不明になっている場合、遺産分割協議書はどうやって作成するか知っているでしょうか?

そもそも相続人になれるのでしょうか?それとも、いないものとみなすでしょうか?

そこで、行方不明の相続人がいる場合の遺産分割協議書の作成について紹介します。

続きを読む

賃貸オーナーなら固定資産税を必ず見直したくなる事実

固定資産税の見直し

賃貸経営において必ず発生する税金のひとつが固定資産税です。

しかし所得税や法人税と違い固定資産税は、自分で計算する税金ではないため、中身を詳しく知っている人は多くありません。(賦課課税方式)

また、固定資産税の計算の誤りのニュースもたびたび聞くため、過大に納税している可能性もあります。

そこで、賃貸オーナなら必ず知っておきたい、固定資産税の基本についてまとめました。

続きを読む

65歳以上のシニア層のためのマイナンバーの5つのメリット

シニア層のためのマイナンバー

2016年からマイナンバーが始まりましたが、いまいち実感が無いというのがホンネではないでしょうか。

それは、運用開始時は行政側の事務負担の軽減が目立ち、利用者のメリットが少ないからです。

しかし、これから運用が進むと、マイナンバーの利用者にもメリットが広がることが予想されています。

そこで、マイナンバーが、65歳以上のシニア層にとって、どのようなメリットがあるかをまとめました。

続きを読む

路線価は7月1日に発表│1物4価の発表時期と発表者まとめ

1物4価

路線価が毎年7月1日国税庁から発表されるのを知っているのでしょうか?

ニュースでも日本一高いの路線価として、銀座にある鳩居堂の前で中継されているため、見たことがあるかもしれません。

土地の時価には、路線価の他に、『公示地価』『基準地価』『固定資産税評価額』があり、『1物4価』と呼ばれ、毎年一定の時期に各機関から発表されます。

そこで、土地の時価が『どこから』、『いつ』発表されるかをまとめました。

続きを読む

金利-0.4%│シニア起業家に有利な融資制度とは?

シニア起業家

定年後に起業するシニアも増えてきました。

起業の際、最も心配になるのが『創業資金』ではないでしょうか。

日本政策金融公庫では、55歳から起業しようとするシニアのために、利率の低い融資制度(『シニア起業家支援資金』という)を設けています。

そこで、このシニア起業家支援資金について紹介します。

続きを読む

480万人!亡くなるまで独居老人を続ける10のリスク

独居老人が増えています。

内閣府のデータによると、平成22年(2010年)時点で、65歳以上の独居老人は男性139万人、女性341万人で合計480万人になります。

この数字は増加傾向で、平成47年(2035年)には750万人に増えると予想されています。

そこで、亡くなるまで独居老人を続けた場合のリスクをまとめました。

続きを読む

確定申告で一人暮らしの親を扶養親族にできる同一生計とは?

年末調整のために扶養控除等申告書を書くとき、または確定申告をするときに、扶養親族の欄に誰を記載しているでしょうか。

配偶者と子供は記載しているかもしれませんが、一定の条件を満たせば、親も扶養親族にすることができます。

親を扶養親族にすれば、扶養控除として所得から48万円、さらに、同居していれば追加で10万円を控除することができます。

そこで、確定申告で親を扶養控除できる要件について紹介します。

続きを読む