急増!相続人が認知症だったときの相続税の申告ポイント3選

相続人が認知症

成年後見制度を利用する人が増えています。

平成26年度では約3万4千件の申し立てが行われています。

このうち、申立ての動機としは、預貯金の管理や処分が1番多くなっていますが、相続手続きのために成年後見制度の申し立てをする人も1割ほどいます。

そこで、相続人が認知症などで成年後見制度を利用する場合の、3つのポイントを紹介します。

続きを読む

地主注目の改正!相続した土地を譲渡した時の税金の計算

不動産の譲渡

相続税の改正によって、2015年1月以降に亡くなった場合の、相続税の計算では、基礎控除額が縮小し、最高税率が上昇しました。

実はこの改正の他に、ひっそりと相続した土地を売った時の税金の計算特例も改正されました。

相続税の納税対策に土地の譲渡を考えていた地主にとっては、大きな改正になりますが、意外と知られていません。

そこで、相続した土地を譲渡したときの税金について紹介します。

続きを読む

2016│相続人が外国に住んでいる場合の相続手続きガイド

相続人が外国に住んでいる場合は、相続税の手続きが通常と異なる。

この違いを知らないことで、思わぬトラブルになる可能性もある。

例えば、平成27年度改正で創設された国外転出時課税制度で思わぬ譲渡税が発生する可能性がある。

そこで、相続人が外国に住んでいる場合の、相続税の手続についてまとめた。

続きを読む

遺言書の誤りで無効になる!?正しい訂正印の押し方ガイド

訂正印の押し方

遺言書には種類がいくつかあるが、そのなかには自筆証書遺言のように、代書やパソコンを使わず自筆で書くことが要件となる遺言書がある。

しかし自筆であるがゆえに、漢字の誤りや、書き間違いが生じることがある。

そんなときに、正しい訂正印を押しておかないと、最悪その遺言書が無効になる可能性がある。

そこで、これから遺言書を自分で書く人のために、遺言書の誤りが生じた場合の、正しい訂正印の押し方を紹介する。

続きを読む

定年後に再雇用されるシニア世代が円滑に働く3つの秘訣

シニア世代

定年延長や再雇用制度によって60歳で定年になったとしても、65歳まで働ける環境が増えてきました。

しかし、中には、再雇用されたシニア世代と現役世代との意識の違いにより、トラブルになるケースもあります。

そこで、再雇用されるシニア世代が、現役世代と上手く付き合いながら65歳まで働くことができる3つのコツをまとめました。

続きを読む

3ヶ月以内に被相続人の遺産を調査まとめるための3つのコツ

遺産調査

相続税の申告は亡くなってから10ヶ月以内と期限が決まっている。

その期間中に、さまざまな手続きをしなければならない。

相続税の申告が不要であれば余裕もあるが、相続税の申告がある場合は、早い段階で被相続人の遺産をまとめる必要がある。

そこで、被相続人の遺産を3ヶ月以内に調査し、まとめる3つのコツを紹介する。

続きを読む

急増するデジタル遺産について見つけるためのポイント

デジタル遺産

デジタル遺産またはデジタル遺品という言葉を知っているだろうか?

高齢者もパソコンやタブレットを使いこなすようになったことで、パソコンの中やクラウド上にデータを遺したまま亡くなるケースが急増している。これらのデータをデジタル遺産(遺品)という。

相続人からすると、不動産や通帳と違い、現物がないため亡くなった人が何を所有していたか全くわからない。

そこで、相続人がデジタル遺産を発見する方法をまとめた。

相続人になる可能性がある人は、この記事を読んで、親などにアドバイスすると相続時に混乱しないかもしれない。

続きを読む