シニア

30個の採択事例から見るシニアのための補助金申請

補助金の採択事例から見えるシニアビジネス

シニア起業がジワジワ増えています。

背景には平均寿命の高齢化により定年後の時間が増えたことや、
年金制度への不信感から自分の収入を増やしたい人が増えたことが一つあります。

そんなシニアビジネスの資金繰りの助けとなるのが『補助金』です。

その補助金の中でも使いやすいのが『小規模事業者持続化補助金』です。

そこで、2016年に採択された補助金の採択事例40個から見えてくるシニア向けビジネスのトレンドをまとめました。

続きを読む

65歳以上のシニア層のためのマイナンバーの5つのメリット

シニア層のためのマイナンバー

2016年からマイナンバーが始まりましたが、いまいち実感が無いというのがホンネではないでしょうか。

それは、運用開始時は行政側の事務負担の軽減が目立ち、利用者のメリットが少ないからです。

しかし、これから運用が進むと、マイナンバーの利用者にもメリットが広がることが予想されています。

そこで、マイナンバーが、65歳以上のシニア層にとって、どのようなメリットがあるかをまとめました。

続きを読む

金利-0.4%│シニア起業家に有利な融資制度とは?

シニア起業家

定年後に起業するシニアも増えてきました。

起業の際、最も心配になるのが『創業資金』ではないでしょうか。

日本政策金融公庫では、55歳から起業しようとするシニアのために、利率の低い融資制度(『シニア起業家支援資金』という)を設けています。

そこで、このシニア起業家支援資金について紹介します。

続きを読む

480万人!亡くなるまで独居老人を続ける10のリスク

独居老人が増えています。

内閣府のデータによると、平成22年(2010年)時点で、65歳以上の独居老人は男性139万人、女性341万人で合計480万人になります。

この数字は増加傾向で、平成47年(2035年)には750万人に増えると予想されています。

そこで、亡くなるまで独居老人を続けた場合のリスクをまとめました。

続きを読む

60歳から始める定年後の社会貢献のススメ(参考サイト付)

シニア社会貢献

65歳から始まる定年後の生活について、社会貢献や地域貢献という選択肢もあります。 地域の中で、シニア層が中心となって、身近な地域に貢献しようという活動です。そこで、定年を迎える少し前の60歳ぐらいの人のために、社会貢献の具体例をまとめました。関連団体のリンク集も貼っておいたので、興味がある人はチェックしてみましょう。

続きを読む