生前贈与

1回の生前贈与で所得税と相続税が2つが節税できる相続対策

賃貸物件の生前贈与

相続税対策の方法の一つとして、生前贈与という方法があります。

相続財産を生前に贈与することで、相続税を減らす効果があります。

しかし不動産収入がある人に限り、相続税と所得税の両方を節税できる方法があります。

そこで、地主や資産家のために、所得税と相続税の両方の節税ができる生前贈与を紹介します。

続きを読む

一生に1回の相続税の申告で還付されるケースとは?

相続税の還付

被相続人としての相続税は、基本的に1人につき1回が限度です。(相続人としては回数に制限はありませんが)

相続財産の合計が基礎控除額より少なければ、相続税の申告自体必要ありません。

しかし、その相続税の申告で還付となる場合もあります。相続税をこれまで払っていなかったのに還付されるのは不思議かもしれませんが、相続税の計算では還付される場合がしっかりとあります。

そこで、どんなときに相続税の還付があるかを紹介します。

続きを読む

不動産の贈与契約書に必ず記載すべき3つのポイント+α

不動産を贈与する場合に、契約書を作成しているでしょうか?

実は民法では、口頭のみによる合意であっても契約が成立することになっています。

ただし、口頭による贈与契約は、いつでも取り消すことができてしまいます。(民法550条本文)

そこで、贈与契約を取り消さないために、贈与契約書のポイントを紹介します。

続きを読む

売却だけじゃない!生前贈与で不動産の共有を解消する方法

土地の共有持分

土地を兄弟(姉妹)で共有していませんか?

もし、土地の共有持分を解消したいとお思いでしたら、早めにご相談ください。

兄弟姉妹の相続が発生してしまうと、土地の所有者がバラバラになり、処分できなくなるリスクがあります。

現在共有持分で困っている方は、この記事を読んでリスク内容を理解し、早めにご連絡ください。

続きを読む

社長!中小企業の役員借入金が相続財産って知っていますか?

役員借入金

中小企業の帳簿にある役員借入金ですが、これが相続財産となることを知っているでしょうか。

役員借入金は、会社から見ると、経営者から借りている債務となりますが、社長の立場から見ると、自分の会社への債権となり、相続財産となります。

この事実を知らないと、相続が発生したときに思わぬ税金が発生する可能性があります。

そこで、社長のために、中小企業の役員借入金に対する相続税のリスクと解決法をまとめました。

続きを読む

親族に不動産をお得な方法で譲るコツと税金の2つのポイント

自宅や別荘などの不動産を、子供や配偶者など家族に譲りたい場合は、どんな方法があり、どんな税金が生じるか不安ではないだろうか?

相続対策の需要も高まり、生前贈与として、できるだけコストを抑えて不動産の名義を変更をしたい人は、年々増えている。

そこで、親族内で不動産の名義を変更する場合に、どのような方法があり、どんな税金が生じるかを紹介する。

また、取引によって異なるポイントを紹介する。

相続対策として、不動産を親族に譲りたい方は、この記事を読んで参考にしてもらいたい。

続きを読む

親も子も相続準備してる?田舎の土地を相続する相続人の負担

田舎のいらない土地

バブルの頃に不動産業者の話に乗って購入したけれど、定年を迎えた今となっては、全く使っていない田舎や辺鄙な場所にある土地を所有していないだろうか?

バブルの頃は、値上がりが期待でき、子どもに遺してあげられる財産だったが、今では収益を生まない『お荷物遺産』になっていないだろうか?

そんな田舎の使わない土地を相続する将来の相続人(”推定相続人”という)は、必ず負担を強いられることになる。

そこで、具体的に相続人が、田舎の使わない土地を相続することで生じる負担と、対処方法を紹介する。

続きを読む

ガーン!贈与税の税率が高いは嘘!比較すべきは実効税率!

贈与税の税率は高い。と思っていませんか?

たしかに、贈与税と相続税の速算表を見ると、贈与税のほうが高く見えますが、実効税率と比べると贈与税の税率が低いこともあります。

そこで、今まで言われてきた贈与税の税率が高いという嘘と、実効税率について紹介します。

続きを読む

雛人形を初孫に買ってあげることが相続対策になる理由

雛人形

相続税が気になりだした60代以降の人が、100万ほどを毎年子どもや孫に生前贈与している人がいます。

たしかに、暦年贈与では110万円まで贈与税が発生しないため、何年も継続することで大きな効果を発揮します。

しかし、贈与税には課税されない財産があり、そのなかに、雛人形が含まれることを知っている人は多くありません。

かわいい初孫に雛人形を買ってあげることが相続税対策にもなるため一石二鳥です。

そこで、贈与税か課税されない財産と雛人形の関係を紹介します。

続きを読む

申告前にもう1回確認して!贈与税の特例税率と添付書類

贈与税の改正で平成27年以降にした贈与のうち、直系尊属からの贈与については税率(以下「特例税率」という)が異なることをご存知でしょうか。

もし、税率が変わったことを知らずに贈与税の申告をすると税金を払いすぎてしまうかもしれません。

また、改正された特例税率を使う場合は、贈与財産の金額によっては添付書類が必要になります。

そこで今回は、改正された贈与税の税率と申告方法を紹介します。

続きを読む