相続手続き

サザエさん一家の相続関係説明図をエクセルで作ってみた

相続税の申告書に添付する書類の一つに「相続関係説明図」があります。

これは、戸籍謄本を参考に、被相続人と相続人を図でまとめたものです。

これを見ると、法定相続人と法定相続分が簡単に判定できます。

相続関係説明図はエクセルで簡単に作ることができ、書き方も難しいものではありません。

そこで、サザエさん一家を例に、相続関係説明図をエクセルで作ってみました。

続きを読む

急増!相続人が認知症だったときの相続税の申告ポイント3選

相続人が認知症

成年後見制度を利用する人が増えています。

平成26年度では約3万4千件の申し立てが行われています。

このうち、申立ての動機としは、預貯金の管理や処分が1番多くなっていますが、相続手続きのために成年後見制度の申し立てをする人も1割ほどいます。

そこで、相続人が認知症などで成年後見制度を利用する場合の、3つのポイントを紹介します。

続きを読む

3ヶ月以内に被相続人の遺産を調査まとめるための3つのコツ

遺産調査

相続税の申告は亡くなってから10ヶ月以内と期限が決まっている。

その期間中に、さまざまな手続きをしなければならない。

相続税の申告が不要であれば余裕もあるが、相続税の申告がある場合は、早い段階で被相続人の遺産をまとめる必要がある。

そこで、被相続人の遺産を3ヶ月以内に調査し、まとめる3つのコツを紹介する。

続きを読む

急増するデジタル遺産について見つけるためのポイント

デジタル遺産

デジタル遺産またはデジタル遺品という言葉を知っているだろうか?

高齢者もパソコンやタブレットを使いこなすようになったことで、パソコンの中やクラウド上にデータを遺したまま亡くなるケースが急増している。これらのデータをデジタル遺産(遺品)という。

相続人からすると、不動産や通帳と違い、現物がないため亡くなった人が何を所有していたか全くわからない。

そこで、相続人がデジタル遺産を発見する方法をまとめた。

相続人になる可能性がある人は、この記事を読んで、親などにアドバイスすると相続時に混乱しないかもしれない。

続きを読む

親子で見て欲しい!未登記建物・未登記土地の遺産分割リスク

未登記建物と未登記土地

不動産を相続した子どもが、相続登記をしようとすると、所有者が今回の被相続人ではなく、だいぶ前に亡くなっていた祖父母だったというケースが増えている。

これは、祖父母が亡くなった時点で、相続していない未相続という状態のまま放置されたために、起きてしまう。

未相続のため、当然相続人による相続登記も行われていない。

そこで、未相続による未登記建物や未登記土地がある場合の、遺産分割のリスクと、相続登記するための対処方法を紹介する。

続きを読む

貸家を相続した相続人が必ず出すべき3つの届出書と期限

アパートの相続手続き

親が相続対策としてアパート経営をしていたために、相続の発生で突然アパート経営をすることになり戸惑っていませんか。

相続対策と不動産投資が人気になることで、このようなケースが増えています。

相続人となった子供は、アパート経営の知識以前に、個人事業主としての届け出が必要になります。

最悪の場合、届け出をしないことで、税務申告を忘れる結果となり、無駄な税金を払う可能性もあります。

そこで、相続でアパート経営をすることになった相続人が、まず最初に出すべき届出書とその期限について紹介します。

続きを読む

終活とは違う!おひとりさまの老後で生じる相続の5つの不安(追記あり)

「おひとりさま」という言葉が一般的になりました。

一般的には、カラオケ、焼き肉、映画などですが、相続も「おひとりさま」が増えています。

豊かな老後に必要な資金は、夫婦で1億円という話も聞きます。

一人でも6,000万円は必要と言われていますが、実際のところは人それぞれです。

老後の資金で足りない部分は、年金や仕事を継続することで補います。

しかし、おひとりさまの相続は、資金面だけでなく他にも心配なことが多くあります。

そこで、おひとりさまの相続で心配すべき5つの不安と解決方法を紹介します。

続きを読む