確定申告

年金から税金が特別徴収される人と普通徴収の人の違い

年金

なぜか年金から税金が引かれる場合と、引かれない場合があります。

税金を年金から予め控除されると、手取りが減るため、いい気持ちはしませんが、国からすると滞納がなくなるので大きなメリットです。

そんな特別徴収ですが、年金から引かれない場合(普通徴収)もあります。

そこで、どういう場合に特別徴収となり、どういう場合に普通徴収になるかまとめました。

続きを読む

確定申告で一人暮らしの親を扶養親族にできる同一生計とは?

年末調整のために扶養控除等申告書を書くとき、または確定申告をするときに、扶養親族の欄に誰を記載しているでしょうか。

配偶者と子供は記載しているかもしれませんが、一定の条件を満たせば、親も扶養親族にすることができます。

親を扶養親族にすれば、扶養控除として所得から48万円、さらに、同居していれば追加で10万円を控除することができます。

そこで、確定申告で親を扶養控除できる要件について紹介します。

続きを読む

定年退職後の確定申告は「義務」「権利」「不要」の3パターン

定年後の確定申告

会社勤めの頃は、年末調整で税金が確定するため、確定申告をしなくても問題ありませんでした。

しかし、定年退職後は自分で税金の計算をしなければなりません。

その確定申告には、「しなければならない人」「した方がいい人」「しなくてもいい人」の3パターンがあります。

この3パターンの違いを知ることで、少しだけ確定申告が楽になります。

続きを読む

親も子も相続準備してる?田舎の土地を相続する相続人の負担

田舎のいらない土地

バブルの頃に不動産業者の話に乗って購入したけれど、定年を迎えた今となっては、全く使っていない田舎や辺鄙な場所にある土地を所有していないだろうか?

バブルの頃は、値上がりが期待でき、子どもに遺してあげられる財産だったが、今では収益を生まない『お荷物遺産』になっていないだろうか?

そんな田舎の使わない土地を相続する将来の相続人(”推定相続人”という)は、必ず負担を強いられることになる。

そこで、具体的に相続人が、田舎の使わない土地を相続することで生じる負担と、対処方法を紹介する。

続きを読む

不動産所得がある人が死亡した時の準確定申告のポイント6つ

準確定申告のポイント

相続対策で不動産所得がある人にとって確定申告は年中行事なので慣れている人も多いと思う。

しかし、亡くなった後のことまで考えている人は少ない。

いざ相続が発生すると、相続人が亡くなった人に代わって不動産所得の確定申告をしなければならない。

被相続人には慣れた作業である確定申告も、相続人にとっては初めての税金の申告かもしれない。

そこで、相続人ために不動産所得がある人が亡くなった場合の、確定申告(いわいる準確定申告)のポイントを紹介する。

続きを読む

28年度税制改正大綱│新創設のスイッチOTC薬控除とは?

OTC薬控除

平成28年度の税制改正大綱が発表され、そのなかで新しく医療費控除の特例が創設されると決定しました。

正式名称は「セルフメディケーション(自主服薬)推進のためのスイッチOTC薬控除」というものです。

まだ詳しい内容や要件はわかりませんが、税制改正大綱の内容から分かる範囲で紹介します。

続きを読む

基本ポイント5選│自分で確定申告書を作成するやり方

確定申告

確定申告書を専門家に頼らずに、自分で作成して提出したいと考えている人もいるかもしれません。

そこで、税理士に頼らず自分で確定申告書を作成するために、最低限押さえておくべきポイントを7つ紹介します。

この記事を読むことで、単純な申告であれば自分で出来る自信が付きます。逆に、この記事を読んで実践しても分からなければ税理士に相談してみましょう。

続きを読む

確定申告│不動産所得がある人が知っておくべきポイント10

タワーマンション節税

日本の所得税の申告は、自分で計算して納税する申告納税方式のため、自分の計算がすべてです。

そこで、賃貸用の不動産を持っている資産家やサラリーマンのために、所得税の確定申告で最低限知っておくべきポイント10選をまとめました。

この記事を読むことで、不動産所得の確定申告についての基礎が分かります。

続きを読む