節税

1回の生前贈与で所得税と相続税が2つが節税できる相続対策

賃貸物件の生前贈与

相続税対策の方法の一つとして、生前贈与という方法があります。

相続財産を生前に贈与することで、相続税を減らす効果があります。

しかし不動産収入がある人に限り、相続税と所得税の両方を節税できる方法があります。

そこで、地主や資産家のために、所得税と相続税の両方の節税ができる生前贈与を紹介します。

続きを読む

ガーン!贈与税の税率が高いは嘘!比較すべきは実効税率!

贈与税の税率は高い。と思っていませんか?

たしかに、贈与税と相続税の速算表を見ると、贈与税のほうが高く見えますが、実効税率と比べると贈与税の税率が低いこともあります。

そこで、今まで言われてきた贈与税の税率が高いという嘘と、実効税率について紹介します。

続きを読む

雛人形を初孫に買ってあげることが相続対策になる理由

雛人形

相続税が気になりだした60代以降の人が、100万ほどを毎年子どもや孫に生前贈与している人がいます。

たしかに、暦年贈与では110万円まで贈与税が発生しないため、何年も継続することで大きな効果を発揮します。

しかし、贈与税には課税されない財産があり、そのなかに、雛人形が含まれることを知っている人は多くありません。

かわいい初孫に雛人形を買ってあげることが相続税対策にもなるため一石二鳥です。

そこで、贈与税か課税されない財産と雛人形の関係を紹介します。

続きを読む

家なき子なら、別居でも相続した実家の評価額を8割減額が可能

家なき子といえば、世界名作劇場の家なき子レミでしょうか?それとも安達祐実でしょうか?

実は、相続税の計算では、自宅の評価額を最大80%減額できる特例の一種に、「家なき子」と呼ばれるものがあります。

この特例は通常、配偶者か同居している親族が相続することで使えますが、厳しい要件をクリアすると「別居している親族」でも使うことができます。

そこで、アニメやドラマではなく相続税の計算の方の「家なき子」を紹介します。

続きを読む

相続対策│節税の4つの考え方と12の具体的な方法

相続セミナーへ参加すると、不動産投資や会社設立などの相続税の節税方法を教えてくれます。

しかし、これらの方法を大きな視点で見ると、4つの区分に大別できます。

自分に合った節税方法を確認するためにも、節税に対する4つの考え方を知りましょう。

また、4つの考え方に区分される12の具体的な節税方法も紹介します。

なお、相続税が発生する人が対象なので、もとから相続税が発生しない人は、参考程度に読んで下さい。

続きを読む