相続税の還付

被相続人としての相続税は、基本的に1人につき1回が限度です。(相続人としては回数に制限はありませんが)

相続財産の合計が基礎控除額より少なければ、相続税の申告自体必要ありません。

しかし、その相続税の申告で還付となる場合もあります。相続税をこれまで払っていなかったのに還付されるのは不思議かもしれませんが、相続税の計算では還付される場合がしっかりとあります。

そこで、どんなときに相続税の還付があるかを紹介します。

続きを読む